見とれるほど、美しくて機能的。食器メーカー「KINTO」直営店が中目黒にオープン

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
東京都 ライフスタイルショップ ガラス製品 ギフト・プレゼント 雑貨 桜祭り
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

機能的で美しい食器や、シンプルで凛とした佇まいのコーヒーウェアを数多く生み出し、ハイセンスな大人を魅了してきたメーカー・KINTO(キントー)。ロサンゼルスに続いて2店目となる直営店が、東京・中目黒駅徒歩5分の場所にオープンしました。桜が舞う目黒川沿いの路地を一本入った店舗は、KINTO製品のイメージと同じく、美しくてシンプル、そして心地のよい空間でした。

summary

ずっと使い続けたくなる、KINTO製品の魅力

コンクリート打ちっぱなしのおしゃれな建物を入ると、壁一面の窓からやさしい日差しが差し込みます。太陽をいっぱい浴びて、きらきらと輝くテーブルウェアたち。上質な佇まいで、静かな存在感を放っています。

CAST グリーンティーグラス 180ml 378円(税込)ほか
CAST グリーンティーグラス 180ml 378円(税込)ほか
SLOW COFFEE STYLE SPECIALTY 02 ブリューワースタンドセット 4cups 16,200円(税込)
SLOW COFFEE STYLE SPECIALTY 02 ブリューワースタンドセット 4cups 16,200円(税込)

KINTOの食器は、デザインが美しいだけでなく、持つ、注ぐ、飲むなどの日常の動作のなかで、使ってこそわかる魅力にあふれています。コーヒーを注ぐときのキレの良さ、紅茶を飲むときのティーカップの口あたり、食器をキレイに重ねられることなど、使い続けるたびにどんどん愛着が湧いてきて、すべてのKINTO製品を使ってみたくなってしまうほど。

日々の暮らしを心地よく、豊かにするアイディアがいっぱい

2019年3月21日にオープンした日本初の直営店「KINTO STORE Tokyo」では、そんなKINTO製品の魅力を体感できる展示販売が行われています。店内のテーブルには、食器のほか花々などグリーンも飾られていて、まさに“理想の食卓”のようなコーナーも。

ひろい店内には、サボテンや桜もアートのような美しさで陳列されています。KINTO製の鉢と植栽がセットで販売されているのは、直営店ならでは。(数量限定)

さりげなく配置された食器も、花器に生けられた花々の展示も、心が和むセンスの良さ。店内は理想の生活空間のように心地のよく癒されます。使い勝手の良さもあって、ハイセンスな大人に愛されるKINTO製品は、お友達へのギフトにもぴったりです。目黒川のお花見がてら、少し足をのばしてみませんか。

■KINTO STORE Tokyo(キントー・ストア・トーキョー)
所在地:東京都目黒区青葉台1-19-12
アクセス:中目黒駅 徒歩5分
営業時間:12~19時
定休日:月曜 ※2019年3月は無休

Text:カトウエリサ

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • もろんのん もろんのん
  • 山田茜 山田茜
  • Masa Masa
  • ミスター黒猫 ミスター黒猫
  • 村上萌 村上萌
すべて見る

人気ランキング

関連記事

あなたにおすすめの&mores

すべて見る &moresの記事一覧
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ