これさえ覚えればOK!?初心者でも今すぐマネできる簡単撮影テク3選

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
カメラ カメラ女子 写真 写真の撮り方 インスタ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

InstagramをはじめとするSNSへの投稿写真をもっと上手に撮りたい!と思っている方は多いはず。仕上がりにこだわるなら、本格的なカメラに挑戦してみたいですよね。そこで今回は、中級機カメラマンとしても活動中のライターが、誰でも今すぐ実践できる撮影テクニックについてご紹介します。

summary

これさえ覚えればOK!基本の構図

本格的なカメラでの撮影を始めてみたのはいいけれど、「構図とかF値とかISOとか、難しいことばかり!」と、カメラを諦めてしまう女性も多いかもしれません。
でも、基本の構図さえ覚えてしまえば、意外と難しくないものです!まずご紹介するのは、“二分割構図”。

こちらの写真をご覧ください。この写真は、ブルーのライトがかっこいい、どこにでもある自転車置き場で撮影したもの。よく見ると、シンメトリー(左右対称)になっています。

上下、もしくは左右を分割し、水平線、垂直線を意識して撮影すると、一気に垢抜けた、雰囲気のある写真を撮ることができます。

次にこちらの写真。澄み切った空と真っ白な灯台のコントラストが美しい写真ですが、こちらは“三分割構図”を意識したもの。

“三分割構図”はその名の通り、写真を水平・垂直に三分割し、そのライン上、もしくは交差点上を意識して撮影する手法です。

言葉にすると難しく感じてしまいますが、実際にはこのラインを意識して、そこに被写体を持ってくれば良いだけなので、とっても簡単です!

ピントが合っているかに注意する!

上の写真を見てみましょう。
よく見てみると、ピントが手前のテーブルではなく奥のクッションに当たっていることがわかります。

手前にあるものを主役にしたいのにボケてしまっていて、これでは一体何を写したいのかがわかりません。

カメラのディスプレイはそこまで大きくないので、撮影したいものにしっかりとピントが合っているのか、都度確認するようにしましょう。

ピントを合わせるときは、主役となるものにレンズを向けシャッターを半押しにし、半押しのまま撮りたい構図に角度を移動、シャッターを切ります。最初は練習が必要ですが、これで上手にピントを合わせられるようになります。

目線を変えて撮ってみる

かわいい花々を撮ってみました。
ボケ感も出ていてこれはこれで良いのですが、全体的にごちゃごちゃしていてメリハリがない印象。

立ったまま写真を撮って「イマイチぱっとしない」と思ったら、しゃがんだり角度を変えたりと、目線とともにアングルを変えて再チャレンジしてみましょう。

上から見下ろして撮影すると草花しか映らなかったのに、目線を下げて撮影すると空も映り込み、奥行きのある写真を撮ることができました。

小さなことですが、こういったことを意識すると、いつものありきたりな写真が、なんだか深みのある素敵な写真に早変わり!ぜひ実践してみてくださいね。

Photo : 筒井響子

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • セレイナアン セレイナアン
  • 東原妙子 東原妙子
  • マイメロディ マイメロディ
  • あや猫 あや猫
  • 6151 6151
すべて見る

人気ランキング

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ