実は愛知発って知ってた?人気の”久遠チョコレート”の本店で食べる「至高のアイス」

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
愛知県 食・グルメ チョコレート スイーツ アイスクリーム 手土産
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

「久遠チョコレート」といえば、全国各地の百貨店や路面店など20店舗を展開するチョコレート専門店。種類豊富な「QUONテリーヌ」が有名です。実は、愛知県豊橋市に本店があるのをご存知でしたか?久遠チョコレートのコンセプトから豊橋本店の魅力、さらにテリーヌだけでなく人気の「至高のチョコレート」をご紹介します!

Summary

「久遠チョコレート」の豊橋本店へ

愛知県豊橋市に本店を構える「久遠チョコレート」。本店は豊橋駅から徒歩約7分の位置にあり、木の落ち着いたたたずまいが印象的です。扉を開けると店内一面、チョコレートの香りが広がります。

久遠チョコレートは、障がい者がショコラティエとしてチョコレートを作り、販売をしています。代表の夏目さんは、以前から福祉事業に携わっていましたが、有名ショコラティエでもある野口和男氏と出会い、チョコレート事業を立ち上げました。

世界30カ国から届いたカカオを中心に、地域の特産物を加えながら「ディスカバリージャパン」の思いを大切にしたチョコレートは格別。チョコのこだわりはもちろん、障がい者や高齢者などが働ける環境づくりを提案している雰囲気も、店内から感じ取ることができます。

オリジナルアイス「至高のアイス」を体験!

人気の「至高のアイス」(378円)は、ミルク、抹茶、ストロベリー、マンゴーのアイスクリームに、ミルクチョコレート・ホワイトチョコレート・レモンチョコレートのチョコレートを自身でかけるアイスクリーム。最大12通りのオリジナルアイスを作ることができます。

こちらはそのなかでも人気ナンバーワンの“ミルク×ミルクチョコレート”の組み合わせ。コロンビア産カカオ濃度41%のチョコレートとミルキーなアイスの味わいがマッチ!

クセになる美味しさとして話題の“抹茶×レモンチョコレート”。材料にとことんこだわった風味豊かな抹茶と、レモンチョコの酸味は相性抜群!さっぱりと食べられるアイスクリームです。

名物の「QUONテリーヌ」も忘れずに

約140種類以上ある久遠チョコレートの名物「QUONテリーヌ」(1個200円)。上質なカカオをベースにし、ドライフルーツやナッツを基本に、京都の素材、地域限定の食材などを加えました。独自の方法で作り出された新食感は手土産にも喜ばれます。

店内にはテリーヌの試食もあるので、好みのテリーヌを探すことも!季節限定のテリーヌもあるので合わせてチェックしてみて。

「チョコレートで魔法をかける」をコンセプトに、全国様々な場所で味わえる久遠チョコレート。一口食べると幸せになるチョコレートを、存分に堪能することができます。

久遠チョコレート本店
住所:愛知県豊橋市松葉町1-4 サカキバラビル1F
TEL:0532-53-5577
営業時間:10時30分~20時
定休日:月曜

text:岩下加奈

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • 北出恭子 北出恭子
  • 久野知美 久野知美
  • 村上萌 村上萌
  • ミスター黒猫 ミスター黒猫
  • mini_minor mini_minor
すべて見る

人気ランキング

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ