『るるぶ』の編集者が厳選してお届け!期間限定で食べられる、ニュージーランドの美食グルメ5選

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
東京都 バル 肉バル ご当地グルメ ご当地メニュー お酒
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

『るるぶ』編集者厳選のおいしいものが食べられるeditor’s fav「るるぶキッチン」。東京・赤坂バル横丁、京都・烏丸バル横丁の2店舗では、8月5日(月)~30日(金)限定で、ニュージーランドの食と文化が味わえる「るるぶキッチン×ニュージーランド」特集フェアを開催します。ニュージーランド・マオリの伝統文化を世界に発信する集団「Te Puia」所属シェフと限定コラボレーションした絶品ニュージーランド・グルメが食べられます。ぜひご賞味ください!

Summary

カリっとサックリ、とってもジューシーな豚バラ料理!

NZ流!ポークベリーとマッシュルームピクルス
NZ流!ポークベリーとマッシュルームピクルス

まずおすすめしたいのが、「NZ流!ポークベリーとマッシュルームピクルス」。ポークベリーは、豚バラ肉のこと。ニュージーランドでは、皮付きで販売されていて、ガーリックやチリパウダーなどをすり込んで、皮に焦げ目がつくほどしっかり焼いていただきます。

この皮部分が、超ド級に美味しいんです!カリっとサックリ、そしてお肉の部分もしっとりとしていてジューシー。一度食べるとやみつきになってしまう美味しさ。ぜひこの機会にどうぞ。

驚愕の美味しさ!ラム肉ステーキは超ヘルシーな鉄板メニュー

こだわりハーブで和えたラム肉のステーキ、パンプキンピュウーレを添えて
こだわりハーブで和えたラム肉のステーキ、パンプキンピュウーレを添えて

ニュージーランドといえば羊、羊といえばニュージーランド!こんな言葉を聞いたことがある方も多いはず。…というのもニュージーランドの人口の約7倍の羊がいて、世界でもっとも「ひとりあたりの羊の数が多い国」なんだそう。だからこそ、ラム肉料理は超鉄板メニュー!

「ラム肉は臭い」というイメージを抱いている日本人も多いですが、ニュージーランドのラム肉はそんなことはありません。ラム肉嫌いの方が、ニュージーランドで好きになって帰ることも多いそうです。ラム肉独特の臭みはほとんどなくて、牛肉、豚肉とは違うあっさり系のコクがあり、それがまたクセになる美味しさ。そのうえ、脂身が少なく女子が喜ぶヘルシーさを兼ね備えているなんて、最強のステーキですよね!

日本人の口に合う!鮭と昆布がニュージーランドで生まれ変わると?

燻製オリーブオイルを使ったサーモンの昆布巻き カレンゴソース
燻製オリーブオイルを使ったサーモンの昆布巻き カレンゴソース

島国のニュージーランドは、海の幸も豊富。なかでも鮭の最高峰といわれるニュージーランド産キングサーモンは必ず食べておきたい逸品です。「燻製オリーブオイルを使ったサーモンの昆布巻き カレンゴソース」はその旨味を引き出すために編み出された特製レシピ。

燻製の香り漂うサーモンを昆布でしめて、サーモンの旨味をギュギュッと閉じ込めます。相性抜群のカレンゴ(海苔)ソースをつけて召し上がれ。日本でもお馴染みの食材が、ニュージーランドで生まれ変わると…?これが白ワインに合う合う!お酒がとっても進むニュージーランドと日本のマリアージュに乾杯です。

日本だけじゃなかった? “しらす”はニュージーランドの定番食材!

たっぷりしらすの海苔巻きフリッター
たっぷりしらすの海苔巻きフリッター

しらすを食べるの日本人だけだと思っていませんか?実はニュージーランドでも、しらすは定番食材。というのもニュージーランドは、しらす(ホワイトベイト/淡水稚魚)の名産地だから。しらす漁のシーズンは8~11月。この3ヶ月間、ニュージーランドのレストランやカフェでは、しらす入りのオムレツがメニューに仲間入りします。

そんなニュージーランド産しらすの美味しさを味わうため、るるぶキッチン風にアレンジして「たっぷりしらすの海苔巻きフリッター」が完成しました。サーモンと昆布のメニューに続いて、日本人にはとってもお馴染みの味。でもちゃんとニュージーランドならではの風味を感じることができるんですよ?ぜひチャレンジしてみて。

未知の食感が楽しめる!定番デザートは、ふわっふわのメレンゲスイーツ

イチゴ、キウイ、パッションフルーツのパヴロヴァ
イチゴ、キウイ、パッションフルーツのパヴロヴァ

「パヴロヴァ」というスイーツ。初耳の方も多いと思います。20世紀初頭に活躍したロシア人のバレリーナ、アンナ・パヴロヴァにちなんで名付けられたものですが…ロシア料理じゃありません。ニュージーランド発祥のスイーツなんです!

名付けられた理由は、見た目がバレエ「白鳥の湖」に出てくるような白いチュチュ(バレー衣装)に似ているから。甘ーいメレンゲの上に、意外にあっさり風味の生クリームと酸味のきいたフルーツをON。クセになる甘さと、サクッふわっの新食感が楽しめます。ニュージーランドではクリスマスやお祝いの席に食べるこのスイーツ、日本でも流行しそうな予感!


8月5日~30日は、「るるぶキッチン×ニュージーランド」特集フェアへGO

 editor's fav「るるぶキッチンAKASAKA/KYOTO」
「るるぶキッチン×ニュージーランド」特集フェア

開催日:2019年8月5日(月)~8月30日(金)

editor’s fav「るるぶキッチン」の東京・赤坂バル横丁、京都・烏丸バル横丁にある2店舗では、8月30日(金)までニュージーランド一色!知られざる美食グルメだけでなく、世界的に評価の高い特産ワインも味わえます。店内に置いてある「るるぶニュージーランド」や観光パンフレットを眺めていたら、ニュージーランドへ行きたい気持ちがムンムンと…。美食グルメも、大自然も待っています!ぜひお店を飛び出して、ニュージーランド現地でも味わってみてください。

■editor's fav「るるぶキッチンAKASAKA」
住所:東京都港区赤坂3-17-1 赤坂バル横丁内
TEL:03-5544-8786
営業時間:11時30分~14時、17時~23時30分(金曜は~翌2時、土曜は11時30分~23時30分、日曜・祝日は11時30分~22時30分)
定休日:無休(臨時休業の場合あり)
アクセス:赤坂見附駅から徒歩3分/赤坂駅から徒歩5分

■editor's fav「るるぶキッチンKYOTO」
住所:京都府京都市中京区三条通烏丸東入ル梅忠町20-1 烏丸バル横丁内
TEL:075-256-5122
営業時間:11時30分~14時、17~24時(土曜・日曜・祝日は17~24時)
定休日:無休(臨時休業の場合あり)
アクセス:烏丸御池駅から徒歩3分


東京ミッドタウンでも開催!ニュージーランドの特別イベント

2019年8月1日(木)~8月31日(土)までは、東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデンの「21_21 DESIGN SIGHT」にて、マオリアートの展示会やアーティストによるパフォーマンスも見られます。一度は耳にしたことのあるマオリの伝統芸能「カパ」や「ハカ」などが間近で見られるチャンス!ニュージーランドのカルチャーを体験しに、こちらにも足を運んでみては?

■「TUKU IHO 受け継がれるレガシー」展
住所:東京ミッドタウン「21_21 DESIGN SIGHT」ギャラリー3(東京都港区赤坂9-7-6)
開催期間:2019年8月1日(木)~8月31日(土)
時間:10~18時(8月1日は~14時30分)
休み:火曜

■マオリの伝統芸能 カパ・ハカ舞踏パフォーマンス
住所:東京ミッドタウン 六本木 コートヤード•展覧会場
開催期間:2019年8月1日(木)~14日(水)
時間:13時~(土・日曜は13時~/15時~)
休み:火曜
出演:ラウクラ・カパ・ハカ

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Sponsored:JTB/ニュージーランド政府観光局/ニュージーランド航空

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気おすすめタグ

すべて見る

人気の&mores

  • kyoko_plus kyoko_plus
  • Masa Masa
  • 絶景travelers 絶景travelers
  • mini_minor mini_minor
  • 東原妙子 東原妙子
すべて見る

人気ランキング

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ