わざわざ行きたい!沖縄美ら海水族館周辺の島食材をいただけるカフェ4選

わざわざ行きたい!沖縄美ら海水族館周辺の島食材をいただけるカフェ4選

るるぶ情報版(国内)編集部 るるぶ情報版(国内)編集部
沖縄県 ランチ 古民家カフェ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

沖縄美ら海水族館周辺では、島野菜やフルーツなどの素材を味わうスローごはん&スイーツが注目度上昇中! わざわざ目指してでも食べに行きたい、とっておきの4軒をご紹介します。

Summary

和食×マクロビが絶品「カフェこくう」

今帰仁村の小高い丘の上に立つこちらのカフェは、和食とマクロビの良さを取り入れたメニューが評判に。地元の契約農家から毎朝仕入れる野菜はどれも味が濃く、野菜メインのメニューにも関わらずしっかりお腹いっぱいになれます。注目メニューは「こくうプレート(写真、1200円)」。10種類以上の島野菜を多彩な調理法でいただけます。

■カフェこくう (かふぇこくう)
住所:今帰仁村諸志2031-138
TEL:0980-56-1321
定休日:日・月曜
営業時間:11時30分~18時(フードは~16時LO)

古民家カフェでキュートなパフェを「CALiN cafe&zakka」

屋我地島にある、築40年以上の古民家をリノベーションしたカフェ。古民家の風合いを残しつつ、アンティーク調の家具が落ち着いた空間を演出しています。「島やさいたっぷりサンドイッチプレート(1058円)」など野菜をしっかり味わえるメニューが人気ですが、自家製バニラアイスと小さくカットしたドーナツ、コーヒーゼリーが好相性の「ドーナツパフェ(写真、380円)」もおすすめ。

■CALiN cafe&zakka(からん かふぇあんどざっか)
住所:名護市運天原522
TEL:0980-52-8200
定休日:月曜
営業時間:11時~16時30分LO(ランチは~15時LO)

こだわりいっぱいのフランス伝統菓子が自慢「Ringo Café」

瀬底島の古民家カフェでは、フランス人パティシエによる素材を生かしたカラフルなマカロンがいただけます。島食材をなるべく取り入れ、季節ごとに限定の味も楽しめるのが特徴です。ケーキや焼き菓子などの購入も可能で、県産の塩とお店でとれた自家製パッションフルーツの甘酸っぱさが絶妙な「塩ガレットとパッションのムース(写真右、450円)」もおすすめ。

■Ringo Café(りんご かふぇ)
住所:本部町瀬底279
TEL:0980-47-6377
定休日:月・火曜
営業時間:10~17時(売切れ次第終了)

やんばるの食材を料理で発信!「Cookhal」

やんばるのハルサー(農家)たちが丹精込めて育てた無農薬野菜を中心に、やんばるの旨みが凝縮したメニューを味わえるお店。注目メニューは、農家直営だからこそできる新鮮な朝どれ野菜をシンプルな調理法で味わう「畑のランチプレート(写真、850円)」。季節野菜を使った自家製ピクルスもあり、おみやげにもぴったりです。

■Cookhal(くっくはる)
住所:名護市名護4607-1なごアグリパーク内
TEL:0980-43-7170
定休日:不定休
営業時間:9時~16時30分LO(ランチは11~15時)

掲載しているお店についてもっと詳しくお知りになりたい方は、発売中の『るるぶ 沖縄’20』をご覧ください!


●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。
●この記事は、『るるぶ 沖縄’20』の過去に掲載した記事をもとに作成しています。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

人気の&mores

  • 小鳥遊しほ 小鳥遊しほ
  • 五島夕夏 五島夕夏
  • yui yui
  • kyoko_plus kyoko_plus
  • 田島知華(たじはる) 田島知華(たじはる)
すべて見る

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ