宝石そのもの!キラキラの水晶パフェと鉱物スイーツが話題の京都の町家カフェ

宝石そのもの!キラキラの水晶パフェと鉱物スイーツが話題の京都の町家カフェ

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
京都府 スイーツ 町家カフェ カフェ パフェ アートのようなスイーツ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

2019年9月オープンの東京店も話題の『ウサギノネドコ』。ここ京都店では、東京にはない、カフェが併設されているはご存知ですか?水晶やアメジストに擬態したようなキラキラ宝石スイーツが食べられるのは京都店だけ!限定メニューにウキウキ、ワクワクのスイーツ体験をぜひ!

Summary

古い京町家の奥で広がるファンタジックな世界

「ウサギノネドコ カフェ」の京都店は古い町家を改装した、シックな造り。京都の町並みにもしっくりと馴染んでいます。

店内に入ると、まるで新進気鋭のジュエリーショップのような雰囲気。「自然の造形美」で飾られた素敵なインテリアに目を奪われます。

「ウサギノネドコ」といえば、たんぽぽの綿毛など植物の実や種、花などを透明のキューブに封じ込めた「Sola cube」が有名。ガラスのカフェテーブルの中にも、「Sola cube」が整然と間を止められ、自然の造形美に思わず見入ってしまいます。

アートの展示を兼ねたガラステーブル席のほか、奥には落ち着いたテーブル席、隠れ家のような半個室席もあります。

2019年秋から定番メニュー入り!美しすぎる水晶パフェ

水晶パフェ890円(税抜き)
水晶パフェ890円(税抜き)

「ウサギノネドコ」では、年に数回のスイーツの企画展が開催されており、取材時は「おいしい石展」の真っ最中。カフェで特別メニューとして登場したのが、こちらの水晶パフェ。グラスの上にのる六角柱は、水晶のクラスター(群晶)そのもの。寒天を削って造形されているそうです。

土台の母岩(ぼがん)部分は、レモンのコンフィチュールやグレープフルーツと蜂蜜のマリネなどでできていて、見た目の予想を裏切る爽やかな味わい。柑橘の香りがすっと余韻を引くとっても上品なスイーツです。 水晶パフェは企画展の特別メニューでしたが、あまりの人気に定番メニューに格上げ。今後は、いつでもこの味を楽しめます。

この水晶パフェをはじめとしたスイーツを担当しているのが、パティシエの筒井さん。お若いですが、パティシエとしての矜持を持ち、口にした瞬間の、“おいしい!”の感動を届けてくれます。

土日祝だけのトリックアート!鉱物スイーツ・アソートは数量限定

鉱物スイーツ・アソート 1350円(税抜き)土日祝 各日限定20食
鉱物スイーツ・アソート 1350円(税抜き)土日祝 各日限定20食

こちらのメニューを目指して訪れる人も多いという週末限定・数量限定の「鉱物スイーツ・アソート」。これ全部スイーツ!水晶やアメシストだけではなくて、ちょっとマニアックなカバンサイトなどの原石までスイーツ仕立てに。

どんな味か気になりますよね? たとえばアメジストの結晶部分は、ブルーキュラソーのシロップに葡萄のジュースで深い赤み酸味を足したゼリー、母岩はパンナコッタ。 神秘的な見た目の4つのスイーツは、甘さや食感の足し算、引き算がされていて、デセールのようにバランスよく楽しめます。

オーナーの半歩先ゆく発想力が生み出すキラキラの宝石スイーツを、自然の造形美で構成された空間でいただく、ここ京都店だけの楽しみをゆっくりと堪能してみてくださいね。

Photo:瀬田川勝弘
text:小西尋子

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気の&mores

  • 北出恭子 北出恭子
  • 下川友子 下川友子
  • YURIE YURIE
  • 6151 6151
  • もえのあずき もえのあずき
すべて見る

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ