奈良の町屋カフェでのんびり過ごす。本×カレーの大人な時間

奈良の町屋カフェでのんびり過ごす。本×カレーの大人な時間

カフェ ブックカフェ 町家カフェ カレー スイーツ ランチ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

近鉄奈良駅北側の「きたまち」にあるカレーのおいしいブックカフェ「ミジンコブンコ」。築100年ほどは経つという町屋をリノベして、2013年にオープン以来、地元の人やリピーターが多く訪れます。ゆるりとした雰囲気のなかでいただく、ぴりりとスパイシーなカレーで、個性あふれる魅力的なカフェです。

Summary


南インドやスリランカを軸にしたオリジナルのスパイスカレー

瓦屋根の日本家屋のトビラを開けると、手前に広い土間と奥行きある空間、そしてきれいに整列された本が目に飛び込んできます。そう、ここは紛れもなくブックカフェ。店主の人見修司さんが6年前にオープン。「本とカレーのお店」と標榜しているだけのことはあって、こちらでのおすすめはオリジナルのスパイスカレーです。

ミジンコプレート 1000円
ミジンコプレート 1000円

もともと大のカレー好きだった人見さんが、スパイスの調合を独学で極め、オリジナルカレーができあがりました。いまは30種類ほどのスパイスを常備。メインのカレーは、定番の辛口「チキンカリィ」と甘口「キーマカリィ」のほか、その日の気候や店主の気分しだいでレシピが変わる中辛の「気まぐれカリィ」から選べます。この日チョイスした気まぐれは「ポークカリィ」。厚切りポークは柔らかく、それによく合う黒胡椒がたっぷり入って香りよく、辛さもほどよいスパイシーさ。 「ミジンコプレート」には野菜や豆のおかず4種がセットになっています。真ん中にターメリックライス、手前にカレールゥが盛られ、左から時計周りに4種のおかずと漬物が添えられていて、とっても豪華! このおかずたちも、季節などによって内容は変わります。取材したこの日は残暑も厳しく、「後口さっぱりしてほしい」、との店主の気遣いで、きゅうりやへちまを使ったものも。しゃきしゃき食感で涼やかになりました。

「ぐちゃぐちゃに混ぜ、何種類かのおかずと合わせて食べてください」と人見さん。各おかずとも辛み、酸味、甘み、食感が違っていて、カレーと食べ合わせたときのバランスが考えられた丁寧な手仕事に、感服。どんなおかずと合わせても、最終的にはカレーがひとまとめにしてくれ、さっぱりとした辛さと旨味の心地よい後口をもたらしてくれます。 スープももちろん手作り。この日は5種類ほどの野菜をじっくり煮込んだポタージュ。一見濃厚に見えますが、あっさり!カレーとの相性は言わずもがな、良し、です。

思いをカタチに…理系研究者からの転身

以前、生物学の研究職として毎日多忙を極めていた人見さん。当時から本が好きで、古本市などで出店していました。「衣食住」を軸にした生き方を考えるようになり、建築の専門学校に通い、建築家のもと修行。そして、ご縁あってこの地で本を主体としたカフェを開くことに。

読書をゆっくり楽しみたい人が多くなることを想定し、一人席を多く配置。一人席用に配したカウンターテーブルは、人見さんのお手製。さすがの大工仕事です。これから年数をかけていい色に変化していきそう。

二人などの少人数席や、秘密基地的な奥まった席なども。アンティーク家具や雑貨たちもセンスとこだわりがあふれていて、うっとり落ち着く空間に。思わず長居してしまいます。

どこに座っても新しい本との出会いが待ち受ける

店内の壁面やテーブルのうえ、ラックなどに並べられた本は、絵本や学術書、実用書に小説など、多岐にわたっています。特にカテゴリーなどを設けず、あえてランダムに配置しています。「どこの席に座っても、発見を持ってもらえるように」。自分の枠を超えた新しい出会いがあるはず。

りんごのケーキ 450円
りんごのケーキ 450円

人見さんの奥さま手作りのスイーツもはずせません。こちらはオープン当初からの人気「りんごのケーキ」。バターなどの乳製品の代わりにこめ油を使用。生のリンゴを混ぜ込んでいるので、しゃっきり食感が残りジューシーです。シナモンもたっぷり入っているので風味よく。ふんわり生地にとてもしっとりとした満足高いケーキです。 ほかには、季節によって変わるチーズケーキやお豆腐のブラウニー、4枚も重ねたパンケーキなども。季節ごとに仕込む自家製シロップのドリンク各種もそろっていて、ティタイムも充実しています。

せわしない毎日に疲れたとき、ちょっと落ち着いて考え事をしたいとき、そして何より、おいしいカレーやスイーツをいただきたいときに、訪れたいスポットです。ただただ、自分のためだけに時間が使えることの喜びを感じられます。 なお、人見さんは、毎月5日、15日、25日に「初宮五縁市」を主宰。野菜やスイーツなど近隣店舗などが集まって、地元の暮らしに欠かせない“市”となっています。そのほかイベント出店も多いので、カフェを訪れる前にはホームページなどで確認を。


text:よしおかまさこ(ウエストプラン)


●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください