悶絶級のふわふわ食感!渋谷の新名物になりそうな“とろけるスフレオムレツ”

YELLOW MARKS

悶絶級のふわふわ食感!渋谷の新名物になりそうな“とろけるスフレオムレツ”

食・グルメ オムレツ クレープ コーヒー スイーツ 東京都
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

9月28日、渋谷にオープンしたばかりの「YELLOW MARKS」は、窯で焼きあげるスフレオムレツとスフレクレープの専門店。まるで風船みたいなふわっふわの見た目、スプーンですくったその感触、そして口に入れた瞬間のとろける感覚。一度味わったら、やみつきになること間違いなしです!

Summary

まるで巨大なカップケーキ? 想像以上のふわふわ感を味わえるオムレツ

タワーレコード渋谷店の交差点をパルコ方面に歩くと、ほどなくして現れる「YELLOW MARKS」。9月28日にグランドオープンしたばかりの新店です。

店内は、オープンになったキッチンを客席から見渡すことができ、待っている間も調理の過程を見て楽しめる「工房一体型」。

お店の“顔”であるスフレオムレツやスフレクレープが窯の中で膨らむ様子を、ガラス越しに眺めることができます。

こちらは同店のメインディッシュ、「窯焼きスフレオムレツ」のセット。一番人気の「ベーコンオムレツ(デミグラスソース付き)」(税別980円)をオーダーしました。

このオムレツ、実は3層仕立て。1層目はふわっふわ食感のスフレが、2層目にはごろっとしたベーコンなどたまごの風味を引き立てる具材が、そして3層目には、今度はとろっとろの洋風たまご豆腐が登場!

お好みで2種類のソースをかけたら、それまでとはまったく違った味わいに。
層と層の組み合わせを変えながら、そしてソースで味を変えながら、最後の一口まで思う存分堪能できます。

スープやサラダ、ピクルスまで、セットになっている付け合わせメニューも一品一品にこだわりが。

ピクルスは、これまた珍しいパイナップルとレッドオニオンの2種。
メインのオムレツに合わせて、どちらかがついてきますよ。

思わずため息…究極のふわとろクレープはもはや魔法!

そしてラグビーボール級!?の大きさに驚く「窯焼きスフレクレープ」。こちらは定番の「マダガスカル産バニラ香るスフレクレープ」(税別980円)です。

ふわふわスフレをクレープで包んで焼き上げているので、ナイフとフォークで切り込みを入れるとこの通り。
クレープのパリっとした感触のあと、スフレがじゅわっとあふれだします。

手作りのコンフィチュールやホイップクリームをかけると、その食感と風味で思わず舌がとろけそう…!

サイズは大きめですが、とても軽い食感なので1人でもぺろりと完食できますよ。

「いちご風味」に加え、ちょっと贅沢な「ミックスベリー」「アップルシナモン」など種類も豊富。
どれにしようか迷ってしまいそうです。

選びきれない!特製ドリンクなど、そのほかのメニューも超豊富

同店はコーヒーチェーン「VELOCE(ベローチェ)」など多くの喫茶店を展開する会社が運営しているだけあって、コーヒーなどのドリンクにもかなり力が入っています。

フレーバーコールドブリューコーヒー(オレンジ)(税別580円)
フレーバーコールドブリューコーヒー(オレンジ)(税別580円)

なかなかほかではお目にかかれない、チーズホイップやフルーツをトッピングした「コールドブリューコーヒー」。なんとワイングラスでサーブされます。

シトラスソーダ(税別580円)/YELLOW MARKS
シトラスソーダ(税別580円)/YELLOW MARKS

「ハニーレモンソーダ」など、さわやかなコールドドリンクも。
こちらは自家製シロップをソーダで割った、さわやかな「シトラスソーダ」。

同店がコールドドリンクに使用するシロップは、フルーツに合わせて加熱温度を変えるというこだわりの製法でつくられているので、なかのフルーツもとっても美味。
ドリンクと一緒に、スプーンですくって食べるのがおすすめです。

また、ふわふわポトフやクリスピーバジルチキンなどのお食事メニュー、黄身を塩麹漬けにした「KOJIのきみ」など、おつまみメニューも多彩。
ランチのみならず、ディナーにもぴったりです!

同店のたまご料理に使用されているたまごは、「エグロワイヤル」というもの。濃厚なたまごの風味を活かしながらも、料理それぞれのおいしさを最大限に引き出してくれるそう。
使い方によって全く違った顔を見せるこのこだわりたまごは、テイクアウトも可能ですよ。

新食感のスフレオムレツとスフレクレープに加え、個性豊かなドリンクに目移りしそう…。
一度の来店ではすべてを味わい尽くせないので、2度3度とリピ通い必至!たまご好き仲間との集合場所に、ぜひどうぞ。

Text & Photo:大石七海
Photo:YELLOW MARKS

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください