• るるぶ&more.
  • エリア一覧
  • ABCクッキングスタジオの500円体験レッスンに編集部が潜入! vol.2〜クリスマスケーキを簡単に自宅で!苺のシフォンノエル編〜
ABCクッキングスタジオの500円体験レッスンに編集部が潜入! vol.2〜クリスマスケーキを簡単に自宅で!苺のシフォンノエル編〜

ABCクッキングスタジオの500円体験レッスンに編集部が潜入! vol.2〜クリスマスケーキを簡単に自宅で!苺のシフォンノエル編〜

ライフスタイル 料理教室 料理 レッスン 体験 クリスマスケーキ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

お料理スキルは一生モノ!基礎からしっかり学べるお料理教室・ABCクッキングスタジオは、仕事帰りや休日に気軽に通えて「るるぶ&more.」世代にぴったり。ABCに初めて来店の方のみが通常4000円相当のレッスンを500円のワンコインで参加できる「体験レッスン」に、編集部員が潜入&レポートする本企画、vol.2は簡単なのに本格的なクリスマスケーキ作りに挑戦してきました!

Summary

ABCクッキングスタジオ、うわさの500円体験レッスンとは?

全国125カ所以上に展開するABCクッキングスタジオで開催しており、公式サイトから簡単に予約できます。普段のレッスンで習えるレシピは季節限定メニューから定番メニューまで幅広いので、包丁の持ち方やカットの仕方など基礎から学びたい初心者から、ホームパーティーで素敵な料理を披露したい料理好きまで、いろんな方のニーズに応えてくれます。さまざまな職業の方が通っているので、料理を一緒に頑張る友達も見つるかも!?

編集部が実際に体験してみた! 11月・12月限定メニュー「苺のシフォンノエル」

クリスマスケーキといえば、ブッシュドノエル。今回はふわふわのシフォンケーキに苺をデコレーションして、見た目も食感も味も素敵すぎるクリスマスケーキを作ります。

写真右から寺田有季先生、編集部員みさりー
写真右から寺田有季先生、編集部員みさりー

編集部員みさりー「友達や家族とのクリスマスパーティーで、手作りケーキを持参するなんて憧れです。でも、それって料理上手な人の特権では?というイメージもあり、少しびびっております。本当に私に作れるのでしょうか?」

寺田先生「今日チャレンジしていただく苺のシフォンノエルは、コツさえつかめばとても簡単にできますので大丈夫ですよ!」

編集部員みさりー「先生がいるから心強いです。よろしくお願います!」

というわけで、薄力粉、グラニュー糖、卵、シロップ+フランボワーズのリキュール、水+バニラオイル、サラダ油などの食材や道具を準備したら、早速クッキングスタート!

美しいシフォン生地は、卵の混ぜ方が大切

ケーキの土台となるシフォンの生地を作るため、まずは卵をボウルの中で泡立てていきます。

寺田先生「2つの卵同士をコツンとぶつけ合って殻に細かいヒビを入れると、割りやすく、殻が卵の中に混入しませんよ」

編集部員みさりー「へぇ、知りませんでした!ケーキにジャリッとした殻が入っていたら興冷めですもんね」

卵黄の中に砂糖などのさまざまな材料を順次投入しながらハンドミキサーでかき混ぜていきます。「実は、卵を割った後の、混ぜる工程に、シフォン生地を美しく作る秘訣があるのです」と言いながら、丁寧にお手本を見せてくれる寺田先生。

編集部員みさりー「目から鱗でした。こういう細かいテクニックが美味しさを左右するんですね」

シフォン生地を美しく作る秘訣を知りたい方は体験レッスンをチェック!

キメの細かいメレンゲを作ろう

続いてはメレンゲ作りにチャレンジ。卵白だけをボウルに入れてハンドミキサーでかき混ぜていきます。

寺田先生「卵白に砂糖を加える前に、必ず卵白のコシを切りましょう!」

編集部員みさりー「コシを切る? ど、どうやれば!?」

鮮やかな手付きで実演してくれる寺田先生。ほかにも、卵の入れ方やタイミングにこだわるなど、実際に目の前で教えてもらえるからこそ学べるテクニックがたくさん。

編集部員みさりー「だんだん、ミキサーの感覚が重たくなってきました」

寺田先生「メレンゲが硬くなってきた証拠です」

メレンゲがどうなるまで混ぜればいいのか、寺田先生のレクチャーは続きます。

メレンゲの作り方のコツを知りたい方は500円体験レッスンへ!

レシピ本では分からない!ゴムベラを使った混ぜ方

ファーストステップで作った卵黄と、このメレンゲを合わせたら、ゴムベラを使って切り混ぜていきます。

寺田先生「ここからが大切なポイントですよ。ゴムベラと手首、そしてボウルを持っている方の手も使っていきます」

見よう見真似で挑戦してみる編集部員みさりー。

編集部員みさりー「なるほど〜、こういうことか!メレンゲを混ぜ切りする方法は、レシピ本で読んでも分かりづらいテクニックですね。こうして一度先生と一緒に体験すると、感覚的に覚えられて理解できます」

混ぜ終わったらオーブンの天板に流し入れ、ヘラで高さが均等になるように整えます。

編集部員みさりー「キレイにできましたー!嬉しい!!」

生クリーム作りはミキサーの回転を変えながら

生地をオーブンで焼いている間に、生クリームの泡立てに着手。生クリームはシフォンの生地で巻くと同時に、外側にも塗るケーキの要(かなめ)です。

寺田先生「生クリームはぬるくなると固まりにくくなるので、できるだけ冷蔵庫から出したてを混ぜましょう。そして、ミキサーの回転速度を変えていくのもポイントです。ここで混ぜすぎるとボコボコになってしまうので注意したいところです」

編集部員みさりー「微妙なさじ加減が必要なんですね!」

泡立てのコツを知りたい方はこちらからレッスン予約を!

一番の難関?ケーキを巻き巻き!

いよいよ焼き上がった生地。フランボワーズのリキュールを入れたシロップを塗っていきます。


寺田先生「ハケを寝かせるようにしてシロップを“打つ”感覚でやってみてください」

生地の上に生クリームと苺をのせたら、クルクルと巻いていきます。ここがキレイなロールケーキになるかどうか、運命の分かれ目。取材班全員に緊張が走ります…!

寺田先生「ここでキレイに巻けるかどうかは、実は生地の上にクリームをのせるところから勝負は始まっていました」

編集部員みさりー「そうでしたか!先生のレッスンの通りにクリームを置いたから、うまくいきそうです!」

果たして、結果は…

この通り!断面も美しく整いました。

失敗しないロールケーキの巻き方を500円レッスンで今すぐ体験!

最後に、生クリームを生地の上に塗って、ナイフで模様を付けていきます。今回はあえてキレイに塗りすぎず乱雑さを残すことで雰囲気のあるビジュアルに。

両端を切りそろえて苺やセルフィーユなどを飾り付けたら完成!

編集部員みさりー「とってもキレイなシフォンノエルができて驚いています!寺田先生、ありがとうございました!」

オリジナルBOXでケーキをお持ち帰り

作った苺のシフォンノエルはABCクッキングスタジオのBOXに入れてお持ち帰りすることができます。このままクリスマスパーティーに持ち込めちゃいそうですね!

編集部員みさりー「レシピを見ながら一人で作っていても、どれくらいの加減で完成なのか分からないけど、レッスンでは常に生地や生クリームの状況を目で確認し、その都度先生にアドバイスをもらいつつ進められたのでとても分かりやすかったです」

さっそく試食してみたところ、シフォンがふわっと柔らかく、生クリームもほどよい甘さで、口福が広がりました。なんだかひと足早くクリスマスがやってきた気分!今年のクリスマスは、パーティーやSNSで手作りのケーキを披露してみんなをあっと驚かせてみませんか?


次回はバレンタインにピッタリ!スモアブラウニーにトライします!お楽しみに!

ABCクッキングスタジオの500円体験レッスンを申し込む

Text : mogShore
PhOtO : 緒方佳子

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください