森がテーマのスタバが大阪・梅田「LINKS UMEDA」にニューオープン

森がテーマのスタバが大阪・梅田「LINKS UMEDA」にニューオープン

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
NEWS スターバックスコーヒー ニューオープン 駅近 カフェ コンセプトカフェ
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

2019年11月27日(水)、大阪・梅田にある地域最大級の複合商業施設「LINKS UMEDA(リンクスウメダ)」アネックス棟に、独立2階建てのスターバックスがオープン!『スターバックス コーヒー LINKS UMEDA 2階店』はその空間にいるだけで森林浴ができそうなリラックス空間になっています。

Summary

高層ビル群に囲まれた“スターバックスの森”

2019年11月16日のオープン以来、大阪・梅田の新しいランドマークとなっている商業施設「LINKS UMEDA」。「ヨドバシカメラ マルチメディア梅田」と隣接し、連日大勢の人で賑わっています。そのビルの2階に登場したのが、『スターバックス コーヒー LINKS UMEDA 2階店』。

一見、路面店のようですが、こちらはアネックス棟の2階。「LINKS UMEDA」には、合計3軒のスターバックスが入っているのですが、こちらの店舗のデザインコンセプトは“SHINRIN-YOKU TREE”。建物の壁面や屋根も緑に覆われ、外からの姿もまるで植物のオブジェのよう。

大阪の高層ビル群に囲まれた中で、“スターバックスの森”は、まるで森林浴をしているような、心やわらぐ空間。入口から店内に入るとすぐに、一面に木が使われた清々しい空間が目に入ります。

2階建ての上階は、おおさか河内材の柱が建ち、まるで森の中でピクニックしているみたいな気分。天井の照明も木漏れ日が差すようなやわらかい光に調光されています。

スターバックスが提唱する“JIMOTO tableプロジェクト”とは?

店内のすべての家具は、大阪産のクリの木やおおさか河内材の杉を材料に職人の手仕事で作られたもの。
これは、「スターバックス」と国産材使用100%を目指す家具メーカー「株式会社ワイス・ワイス」が2019年から全国の店舗で実施している“JIMOTO tableプロジェクト”の一環。

地元の木材を使用し、職人の手仕事で作られたテーブルに触れることで、地元の身近な森を知り、豊かな自然と私たちの暮らしを考えるきっかけになればとの願いが込められています。

バリスタも参加、世界にひとつのオリジナルアートは必見

店内の階段には、淀川の河川敷で活動を開始し、国内外の様々な場所でゴミや漂流物などを使い、作品の制作をしているアーティスト「淀川テクニック」氏により手掛けられた、世界に1つだけのオリジナルのアートが展示されています。

このアートは、家具の製造や木材加工で出てくる端材や淀川に漂流する枝や廃棄物などを素材として活用。梅田地区のバリスタと大阪府内の子どもたちと一緒に木材の端材や枝、木の実などを材料に自由に工作した作品がアートのピースとして使われているそう。

都会の中で、ほっと一息つく時間、そんなブレイクタイムに、地域に残る自然のことを少しだけ考えるきっかけになるといいですね。

■『スターバックス コーヒー LINKS UMEDA 2階店』
住所:大阪府大阪市北区大深町1-1 LINKS UMEDA 2F
交通:JR大阪駅から徒歩1分
営業時間:7~23時
定休日:LINKS UMEDAに準ずる

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Text : 小西尋子

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

ԃgxoi[

人気の&mores

すべて見る
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください