来年こそ恋がしたい!2020年の初詣で絶対行くべき“人気急上昇中”の縁結び神社

来年こそ恋がしたい!2020年の初詣で絶対行くべき“人気急上昇中”の縁結び神社

おでかけ 神社 縁結び 縁結びスポット ご利益 パワースポット
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

「東京大神宮」と同様、「伊勢神宮」の天照大御神、豊受大神をお祀りしている神社「芝大神宮」。千年の歴史を持つ古社で知る人ぞ知る縁結びのパワースポットが、最近人気急上昇中なんです!なんでも、有名女優が参拝して見事ゴールインしたという情報があるのだとか…。どんな神社で、どのようなご利益がいただけるのか。来年こそ良縁を結びたい方は必見です!

Summary

さまざまな歴史を持つ千年の古社

都会らしい参道
都会らしい参道
近代的な社殿と対比する狛犬
近代的な社殿と対比する狛犬

近代的で新しい神社に見える「芝大神宮」は、1005年に創建された東京10社に数えられる由緒ある神社。江戸時代から“関東のお伊勢様”と親しまれてきました。

例祭で見られる保存されている「め組の半鐘」
例祭で見られる保存されている「め組の半鐘」

ちなみにここ、歌舞伎の演目にもなっている「め組の喧嘩」という歴史的な乱闘事件が起きた場所であり、現在の宝くじの発祥である「富くじ」の売られた場所でもあるのです。
宝くじ売り場のスタッフが当選祈願に訪れることでも有名で、金運アップのご利益をいただきに多くの方が参拝しています。

知る人ぞ知る縁結びのご利益

中には大豆が入っていてコロコロの音が心地よい千木筥
中には大豆が入っていてコロコロした音が心地よい千木筥
千木筥をストラップにしたお守りもある
千木筥をストラップにしたお守りもある

そんな歴史とご利益のある「芝大神宮」ですが、昨今では知る人ぞ知る縁結びのパワースポットとして注目されています。その1つが「千木筥(ちぎばこ)」というお守りです。

千木とは、神社の屋根の上で交差して突き出ている部分のこと。建築の際にあまった木から作られたことから千木筥と呼ばれるようになりました。
そして“千木”=“千着”から転じて、「着るものに困らない」「着るものが増える」ということは、よい旦那さんが見つかるということ=「良縁に恵まれる」という言い伝えより女性の縁起物になったそう。

タンスの中に入れておくとよいそうですが、かわいいのでタンスの上に置いておく方が多いそうですよ。
お土産にもよさそうですね。

噂の「強運守り」/芝大神宮
噂の「強運御守」/芝大神宮
婚活用のお守りも
婚活用のお守りも

もう1つは「強運御守」。“きょううん”ではなく“ごううん”と読み、より強い運気を呼び込むお守りといわれています。有名女優もこのお守りを授かったとの噂から注目されているそう。
その年ごとに限定の幸運色を使用しているのが特徴で、その年分の在庫がなくなり次第、授与は終了してしまいます。早めにゲットしてくださいね!
※令和2年「強運御守」頒布開始日:令和元年12月21日(土)大安 朝9:00より

良縁用と婚活用の2種ある絵馬
良縁用と婚活用の2種ある絵馬

さらに、見逃せないのが絵馬。縁結びの絵馬は2種あり、1つは丸い「結絵馬」。
2枚1組で、片方には自分の、もう片方には相手の名前を書いて祈願する婚活用です。
もう1つは五角形の「えんむすび絵馬」で、こちらはこれから出会いを求めたい方用。

ご自身の現状にあわせて活用してくださいね。

最後は「千木筥」と「しょうが」で厄除け

境内には「生姜塚」がある
境内には「生姜塚」がある

「芝大神宮」で毎年9月に行われる例祭が「だらだら祭り」。
お祭りの期間が11日間も続く日本一長い祭りとして有名ですが、お祭りの際には境内や周辺で生姜が売られたことから、別名「生姜まつり」ともいわれています。

お守りと一緒の場所で授与される「しょうが飴」
お守りと一緒の場所で授与される「しょうが飴」
厄年ならこちらの絵馬も
厄年ならこちらの絵馬も

生姜は身体を温め邪気を払うといわれていることから、千木筥と生姜の「厄除招福絵馬」は、縁のない厄を祓って温かい福が来る、という気持ちになれるとか。
厄年の方はもちろん、縁結びのご利益をよりアップさせてくれるかもしれませんね。

女性にうれしい「芝大神宮」のご利益で、来年こそ恋を叶えてくださいね。

Text&Photo:70.Qanai
Photo:芝大神宮

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください