いままでにみたことのないスヌーピーに会える!「スヌーピーミュージアム」を120%楽しもう

いままでにみたことのないスヌーピーに会える!「スヌーピーミュージアム」を120%楽しもう

ニューオープン スヌーピーミュージアム キャラクターグッズ 神奈川県 るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

2019年12月14日(土)、待望の「スヌーピーミュージアム」が南町田グランベリーパークにオープン。六本木の会場よりも展示スペースが2倍になって、展示内容も充実!それぞれのコンテンツの注目ポイントを、クリエイティブディレクターの草刈氏に教えていただいたのでみなさんもご紹介しますね。©Peanuts Worldwide LLC

Summary

新ミュージアムの2つのこだわり

スヌーピーミュージアムの外観

東急田園都市線「南町田グランベリー」駅から、ショッピングモールを抜けて、徒歩4分。白い大きな建物が「スヌーピーミュージアム」。

六本木のミュージアムとの大きな違いは、緑あふれる環境と展示方法。“スヌーピーをより楽しむために”、作者やコミック『PEANUTS』など、ベーシックなことも知ることができる常設展も設置。

すがすがしい雰囲気の中、いままでに見たことのないスヌーピーに出会える素敵な場所なのです。

かわいい!オープニングシアター

スヌーピーミュージアムオープニングシアター

館内に入ったらまずは3階へ。「オープニングシアター」では来場者がワクワクするオリジナルアニメーションが。このアニメーションはもちろん新作。新聞やコミックの2Dの空間にプロジェクションマッピングで3Dの要素を加えた約2分半の映像を楽しんだ後、いよいよ展示室へ。

ささっと描く「チャールズ・シュルツ」氏のスゴ技

常設展チャールズ・シュルツ・ギャラリー

まず1つ目の展示室は「チャールズ・シュルツ・ギャラリー」。『PEANUTS』の作者であるシュルツ氏がどんな人なのかを簡単に紹介しています。展示室の中央にある4つのテーブルではある番組の取材での映像を放映。ささっとキャラクターを書き上げている様子は、早送りしているわけではないそう。

シュルツ氏の奥さんのお話では「時には私と話しながらコミックを書いていたわ」と。そんなシュルツ氏の人となりを知って、この後の作品展示を見てみたら、以前とは違った目線で鑑賞できそう。

常設展示「ピーナッツ・ギャング・ギャラリー」はこう楽しむ

常設展「ピーナツ・ギャング・ギャラリ」

少し暗めの「チャールズ・シュルツ・ギャラリー」を抜けたとたんに広がるカラフルなコミックの世界。ここは『PEANUTS』 とそこに登場するキャラクター「ピーナッツ・ギャング」を紹介する常設展示コーナー。新聞連載当時のコミックの雰囲気が部屋全体を通して感じられる展示に。

注目の1つは入ってすぐのこの旗。『PEANUTS』 の頭文字でデザインされた旗にはトリビア的な解説があるそうですよ。

壁のコミックも近くに寄ってよく見ると、新聞に印刷されている時と同じ赤・黄・青・黒のドットで描かれているのがわかります。これも『PEANUTS』が新聞のコミックであることがわかる要素。中には版ズレといって色がずれているところがあったりと、連載当時の雰囲気を再現しているのがポイント。近づいてみたり離れたりしてじっくり楽しんでみてくださいね。

キャラクターの紹介は全部で12。典型的なエピソードや人気エピソードの4コマ漫画(デイリー版)とカラーの日曜版で7~8のコミックと一緒にキャラクターを紹介。解説の大小は、大きなものは基本的に知ってほしい事、小さい方にはトリビア的なものに分けているそう。

首振り人形 Nodder 1976年
首振り人形 Nodder 1976年

ところどころに飾られている60~70´Sのヴィンテージグッズにも注目。

漫画の1コマをテラスに再現!

92年の日曜版に掲載されたコミックの一コマをテラスに再現。ゴルフの大会に出たスヌーピーがティショットを打とうとしたところに友達や親せきが大勢見に来た!というシーンなのだそうですよ。テラスからは隣接する鶴間公園や遠くには富士山も眺められるので、ちょっとした休憩にもおすすめ。

8mの巨大なスヌーピーがお出迎え

2階に降りると、このミュージアム最大の見どころ「スヌーピー・ルーム」が。この部屋の目玉はライナスの毛布の上ですやすや眠る8mものスヌーピー。いつもなら犬小屋の上で寝ているスヌーピーが違ったポーズで、しかもこの巨大さ。本当に気持ちよさそうでかわいいです!

ほかにもぬいぐるみのものまねをするスヌーピーやスケートをするスヌーピーなどが。しかも立体なので、好きな角度から見られるのもポイント。なかには「これがスヌーピー?というものも」あるんですよ。

そんな「スヌーピー・ルーム」の立体スヌーピーを描いたコミックが階段の踊り場に。1階にあるコミックをみると「スヌーピー・ルーム」いた謎のスヌーピーのことがわかるんです。これは実際見てのお楽しみ。

企画展は半年に1回展示替え

「スヌーピー・ルーム」を抜けた後は企画展示スペース。半年に1度というサイクルで、シュルツ美術館から借りた貴重な原画を展示。
2019年12月14日(土)~2020年6月28日(日)は「ビーグル・スカウトがやってきた!」を開催。

緑あふれる新ミュージアムということもあって、初の企画展はボーイスカウトがテーマ。ウッドストックとその友達とのコミカルなやり取りが楽しい展示。ウッドストックの仲間にもちゃんと名前があったりするんですよ。

今のシーズンならではのクリスマスエピソードもあるので、こちらもぜひじっくりみてくださいね。

余韻に浸って漫画を楽しめる黄色い部屋

最後にあるのが「ウッドストック・ルーム」。部屋全体が黄色に塗られた休憩室。

寝ているスヌーピーが流れる映像は30秒に1回、アクションが入るのでお見逃しなく。

さらにウッドストック・ルームにある本はすべて閲覧OK。展示室の余韻に浸りながら、コミックの面白さを再確認してみませんか?

ミュージアムショップではオープン記念グッズをゲット!

ミュージアムの楽しみの一つがお買い物!ミュージアムショップ「ブラウンズストア」にはぬいぐるみからアパレル、ステーショナリー、お菓子までさまざまなグッズがラインナップ。
今だからこそ手に入れたい、オープン記念グッズもありますよ。

オープン日が入ったキーチェーン800円。シンプルなデザインが◎。

赤のパーカーを着たぬいぐるみ5000円もオープン記念グッズ。ウッドストック4000円とセットでいかが?

人気のワークショップは早めに予約

ミュージアムの1階にはワークショップも。2019年12月16日(月)~30日(月)にはスヌーピーのキャンドルが作れるワークショップが開催。
スヌーピーの白いボディに、ワックスシートを使ってデコレーション。写真のサンタコスチュームは25日までの限定デザイン。

作ったキャンドルをかわいく撮れるフォトスポットもあるので、体験してみては?所要時間は90分、参加費は3500円。事前に申し込みが必要です。ほかにもさまざまなワークショップがあるので、くわしくはホームページをチェック。

要保存!入場時もらえるパンフレットは季節ごとにデザインが変わる

入場時にもらえるパンフレットには南町田グランベリーパークの地図とコミックが掲載されています。実はこちらよく見ると「冬」の情報。地図内のイラストもウインターバージョンなんです。これは季節ごとに更新されるそうなので、また違ったシーズンに行ってみたくなるアイテムの1つです。

南町田グランベリーパーク内にもスヌーピーがたくさん。上のパンフレット内の地図に設置場所が書かれているので、パンフレット片手に南町田グランベリーパークの中を散策してみるのも楽しいですよ。

新しい「スヌーピーミュージアム」で新たな魅力を発見してみてくださいね。

■スヌーピーミュージアム
住所:東京都町田市鶴間3-1-1
交通:田園都市線「南町田グランベリーパーク」駅から徒歩4分
TEL:042-812-2723
開館時間:10~20時(入場は19時30分まで)
料金:1800円(日時指定前売り券。イープラスにて発売)※当日券2000円は前売り券の販売状況によりミユージアム窓口で販売
休み:会期中無休(12月31日は短縮営業、1月1日は休館)

Text&Photo:田島暁美

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください