雪景色にぽっかりと照らし出される幻想の風景、美山かやぶきの里 雪灯廊

雪景色にぽっかりと照らし出される幻想の風景、美山かやぶきの里 雪灯廊

京都府 おでかけ 絶景 雪景色 カメラ フォトジェニック
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

2020年1月25日(土)~2月1日(土)の1週間、京都府南丹市美山町一帯がやわらかな灯りに包まれる『第16回 美山かやぶきの里「雪灯廊」』が開催されます。美山の厳しい自然と人々の暮らしが織りなす、美山かやぶきの里の雪景色。ライトアップされて幻想的に美しく浮かびあがる風景は、カメラ女子はもちろん、プロのカメラマンにも愛される絶景イベントです。

Summary

4種類の灯籠による灯りの演出とかやぶき民家のライトアップ

新春の1月の最終土曜、夕日が沈み始める17時から、「雪灯廊」はスタート。雪灯籠だけではなく、花灯籠、LED灯籠、竹灯籠がそれぞれの場所で点灯されていきます。

そして、古い入母屋造の民家17軒もライトアップ。雪化粧されたかやぶき屋根が浮かび上がる姿は神々しい美しさ。


一晩限り!冬の夜空を飾る打ち上げ花火

「雪灯廊」開催初日は、イベントを盛り上げるべく花火の打ち上げも。冬花火の打ち上げは、開催初日の1月25日(土)のみ。18時40分頃からの打ち上げ予定なので、お見逃しなく!

また、この日は、灯籠の点灯と同時刻(予定)から知井八幡神社拝殿にて春乃流による日本舞踊が披露されます。初日は、はんなりとした日本舞踊の鑑賞もできて一挙両得ですよ。


参加型が楽しい!雪灯籠づくり体験

こちらのイベントが楽しいのは、作られた景色を見るだけではなく、自分たちも参加できるところ。イベント開催期間中の15時から、雪灯籠づくりの体験ができます。(協力金100円)

自分の作った灯籠が、この雪灯りのひとつになるなんて、とってもロマンチック!


あったか屋台や美山の特産品が買えるみやげ店が夜間特別営業

冬の屋外のイベントのため、温かい食事や飲物を中心に販売する屋台やお食事処が設置され、そして美山ならではの特産品などを買うことができるお土産処も夜間特別営業されます。

新しい年の初めのデートに、撮影旅行に、おすすめのイベント。京都駅からの直行便で美山へ行ける「京都駅発・雪灯廊を訪ねる日帰りバスツアー」も計画中とのこと。気になる方は、雪灯廊公式ウェブサイトをチェックしてみてくださいね。



■第16回 美山かやぶきの里「雪灯廊」
開催期間:2020年1月25日(土)~2月1日(土)
開催時間:17~20時
住所:南丹市美山町北村(美山かやぶきの里)
交通: JR嵯峨野線「園部」駅またはJR山陰線「日吉」駅から南丹市営バスで「北」下車
TEL:0771-77-0660

Text : 小西尋子

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気の&mores

すべて見る

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ