京都の最強コスパホテルは、1泊朝食付で3000円以下!祇園祭も目の前で

京都の最強コスパホテルは、1泊朝食付で3000円以下!祇園祭も目の前で

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
京都府 ホテル シティホテル レディースフロア モーニング ドミトリー
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

京都市下京区のコミュニティホステル『WeBase 京都(ウィーベースきょうと)』は、1人1泊朝食付き2800円〜で宿泊できる、とびっきりお得なお宿。ただただ料金が安いだけではなくて、オシャレ、映えポイント、セキュリティー、清潔さなど女の子が気になるポイントは、すべてクリア!それにプラスして、この宿が選ばれている魅力を5つピックアップしてご紹介します。

Summary

魅力1:ヤノベケンジの猫と旅の本屋「のまど」の本棚

「このホテルに泊まってよかった〜」と周りから評判の声を聞いて気になっていたコミュニティ型ホステル『WeBase』。

鎌倉、博多、高松、広島に拠点があり、京都は、四条烏丸から徒歩5分の場所にあります。京都の町暮らしを体験するのにも、観光スポットに移動するにも、とっても便利なロケーション

現代美術作家ヤノベケンジ氏と和紙作家堀木エリ子氏の共作「SHIP’S CAT」
現代美術作家ヤノベケンジ氏と和紙作家堀木エリ子氏の共作「SHIP’S CAT」

外から後ろ姿が見えていた、大きな光る物体は『WeBase』のシンボルになっている「SHIP'S CAT(船乗り猫)」。現代美術作家で京都造形芸術大学教授のヤノベケンジさんのWeBase 京都オリジナル作品です。

全国5カ所の『WeBase』にも「船乗りネコ」がいますが、和紙作家の堀木エリ子さんとコラボした和紙の「SHIP'S CAT」がいるのは、京都だけ。和紙の巨大ネコは、高さが3メートル近くあって、ものすごいインパクト。

そして北側の壁一面は本棚になっていて、ずらりと旅の本が並びます。

京都の本だけに限らず、世界各国、日本各地の旅気分をかきたてる本がずらり。これらは、旅の本のみを扱う「旅の本屋 のまど」さんのセレクト。次は、どこに旅立とうか?と背表紙を眺めているだけで想像が膨らみ、ワクワクしてきます。

もちろん京都の本もたくさん。ちょっと違った視点で京都を案内する本が集められているので、2度目の京都、3度目の京都の人も、新しい魅力を発見できそう。

魅力2:用途で選べる5タイプのお部屋

それでは、気になる客室をご案内。
お部屋は、男女混合ドミトリー、女性用ドミトリー、2段ベッド個室、ダブル個室、プライベートルームの5つのタイプから選べます。

写真はドミトリータイプの室内。シンプルで清潔感があります。1人1泊朝食付きで、男女混合のドミトリーが2800円〜、女性専用ドミトリーが3000円〜。

こちらは2段ベッド個室8000円〜。仲の良い友だちでも、同じ布団に寝るのは抵抗があるという方にオススメ。2段ベッドの上と下で顔が見えないからこそ出てくる話もあったり、兄弟姉妹で子どもの頃を懐かしんで泊まってみたりするのも面白いかもしれません。

部屋に入りきらない大きな荷物は、地下のクロークに預けられますので、部屋は広々。宿泊当日に限り、チェックイン前、またはチェックイン後にも荷物を預けられます。

魅力3:最新美容家電も試せるレディースフロア

女性専用ドミトリーがある4階は、フロア全体が女性専用。フロア専用カードキーもあって、セキュリティー万全です。パウダールームも広々としていて、とってもオシャレ。

置かれている備品も、ダイソンの高級ドライヤー、マイナスイオンドライヤー、ヘアアイロン、ウェイブアイロンなどさまざま。支配人を務める蓑部亜季子さんをはじめとした女性スタッフたちが話し合って、メーカーにこだわらずに使い勝手のいいものを選んだという、女性目線のセレクト。

シャワーヘッドも美髪、美肌に効果的なものが使われています。女性ならではの細やかな気配りが嬉しい限りです。

魅力4:リベルテのパンが食べ放題のモーニング

こちらのホテルの魅力のひとつは、なんといってもフランス・パリに本店を構える「リベルテ・パティスリー・ブーランジェリー 京都」のパンが好きなだけ食べられるモーニング。

ビュッフェ台には、定番のパン3種類と日替わりパン3種類が並びます。

この日はクリスマス前なので、ラズベリーのクロワッサンが。“リベルテのクロワッサン”といえば、開店前に並んでも売り切れていて買えないことがあるほどの人気の商品。ほんとにいいの?と目を疑う、太っ腹なサービス。

海外からのゲストも多いので、ごはんとお漬物も。みなさん、トーストの上にしば漬けを置くなど、自由な発想で日本の朝食を楽しんでいらっしゃるそう。

魅力5:世界の人々との交流と祇園祭の特等席

ラウンジに飾られる世界地図のポスターに貼ってある丸いシールは、世界各国から訪れるゲストの住んでいる場所。2018年10月のオープンから1年弱でこんなにもさまざまな場所から多くの旅人が訪れていることがわかります。

支配人の蓑部さんは、“秘境ツアー”のコンダクターとして150カ国を旅したツワモノ。旅好きの方なら、彼女とお話するだけでもとっても楽しい時間が過ごせるかも。不定期でたこ焼き大会やコンサートなど、ゲスト同士が仲良くなれるイベントなども開催されています。

そして、ホテルの周辺は、2020年のビブグルマンに選ばれた「ぎょうざ処 亮昌 高辻本店」や日経新聞の“チーズ通が選ぶ、こだわりのチーズケーキ10選”で1位に選ばれた「パティスリーエス」など名店揃い。

食べに出かけるのはもちろん、テイクアウトしてラウンジで食べるのも自由。 ホテルスタッフのみなさんのオススメのお店紹介もあるので、食べ歩きのご参考に!"

またホテルから40メートルの距離に、祇園祭の山鉾「岩戸山」があり、7月10日からの前祭山・鉾建て、前祭山の舁き初め(かきぞめ)から始まり、17日の前祭山鉾巡行まで浮き足立つような岩戸町の活気に満ちた空気を町の人たちのそばで体感することができます。

半年前から予約開始になりますので、狙っている人は、1月に入ったらホテルのホームページをチェックしてみてください。蓑部さんにこっそり伺ったところ、12月〜2月のクリスマス・年末年始を除くシーズンオフはかなりオトクに泊まれるそう!静かな冬の京都に遊びにきてみてくださいね。

ホテル名:WeBase 京都(ウィーベース キョウト)
住所:京都府京都市下京区岩戸山町436-1
TEL:075-353-7555
チェックイン:16時~22時
チェックアウト:11時
アクセス:京都市営地下鉄烏丸線「四条」駅から徒歩5分または阪急「烏丸」駅から徒歩7分

text:小西尋子

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気の&mores

すべて見る

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ