地元の人しか知らない!?1人でほっこりできる穴場のコーヒーショップ

地元の人しか知らない!?1人でほっこりできる穴場のコーヒーショップ

るるぶ&more.編集部 るるぶ&more.編集部
東京都 食・グルメ カフェ ホットドッグ コーヒースタンド タルト
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

中野新橋駅前にある「TRICROMATIC COFFEE(トリクロマティック コーヒー)」は、街の人に愛される小さなコーヒーショップ。気さくな店主さんが「誰もが日常的に楽しめる場所を」と、おいしいコーヒーとシンプルだけどちょっと贅沢なトーストやおやつで迎えてくれます。寒い季節に、心から温まれる場所ですよ。

Summary

駅からわずか20秒!街で親しまれるコーヒー屋さん

「TRICROMATIC COFFEE(トリクロマティック コーヒー)」があるのは、東京メトロ丸ノ内線の中野新橋駅を出てわずか20秒足らずのところ。
街の人から“トリクロ”の愛称で親しまれる、小さなコーヒーショップです。

木の温もりを感じるテラスやスタンドカウンターは、通りすがりでもふと寄ってみたくなる親しみやすい装い。
入り口に描かれたピクトグラムのような黄色いロゴマークもとってもキュート!
無意識のうちに緊張しがちな扉を開ける瞬間に、ふと心を和ませてくれます。

「僕が以前通っていたコーヒーショップって、黒とかグレーとか、ちょっと無骨でダンディーなお店が多くて。女性や年配の方も、気軽に入れる雰囲気にしたかったんです」。
そう話してくれたのは、オーナーの石原さん。

店内にも木材を多用することで、やわらかな雰囲気が漂います。

なかでも、入り口を開けて正面の黄色と白の壁は特に印象的。
大きな窓から差し込む陽を浴びて店内をより明るく照らし、なんだかこの空間にいるだけで元気がもらえそう。

「街の人の暮らしになじんだコーヒーショップでありたい」。
自身が思い描く「TRICROMATIC COFFEE」をそんな風に話してくれた石原さんは、立ち寄りやすい空間デザインはもちろん、お客様とのコミュニケーションも大事にしているそう。

お散歩がてらのペット連れのお客様やお出かけ前のお子様連れのお母さん、買い物帰りのご年配の方など、ご近所さんと思しき方が代わる代わる訪れる“トリクロ”。
石原さんはそのひとりひとりに声をかけ、とても丁寧に接します。
「小さな街なので、皆さん顔が見える関係です。ここが街の人の憩いの場になればうれしいです」

コーヒーとの相性抜群!3種のトーストが絶品

そんな“街のコーヒー屋さん”だからこそ、フードメニューには、コーヒーに合うもので街のみんなが日常的に食べられるメニューばかり。

定番の「バター(はちみつorジャム付き)」「タマゴ」「あんバター」の3種類のトーストや「ホットドッグ」のほか、日替わりで数種類のスイーツも用意されています。

トーストには、笹塚のベーカリー「オパン」の山型食パンを使っているそう。
今回いただいたのは、モーニングの「タマゴトーストのセット」(本日のコーヒー付き 650円)。ふわふわに焼けたパンにあふれんばかりのタマゴがてんこ盛り!

ザックリと大きめにカットされたタマゴが、パンがたわむほどにたっぷり。シンプルなトーストなのに、贅沢で幸せな気持ちになりますね。
ぽろぽろとこぼれ落ちるのも、このときばかりはおかまいなし!大きな口で頬張るのが一番おいしいので、豪快にかぶりついてください。

「キャラメルピーカンナッツタルト」(450円)など、13時以降には季節のスイーツも登場。
ほろ苦いキャラメルがコーヒーとベストマッチ!大きなピーカンナッツがごろごろと乗ったタルトもうれしい食べごたえです。

毎週変わる!個性豊かなスペシャルティコーヒー

そんなアットホームな同店ですが、こうして常連さんに愛されるのは、もちろんおいしいコーヒーがあってこそ。
浅煎りと深煎りを合わせて毎日3、4種類から選べる豆は、両国の「Single O Japan(シングル オー ジャパン)」や三軒茶屋の「OBSCURA COFFEE ROASTERS(オブスキュラ コーヒー ロースターズ)」から仕入れるスペシャルティコーヒーです。

“そのときおいしいコーヒー”をこまめに仕入れるため、ほぼ毎週違うコーヒーが楽しめるのも魅力のひとつ。
「うちは浅煎りがメインです。豆が持つ個性をより感じることができますし、バラエティも豊か。味や香りの違いを楽しんでもらえたら」とオーナー。
オーダーを受けてから一杯ずつ丁寧にドリップしてくれるコーヒーのおいしさは、やっぱり格別ですよね。

おいしいコーヒーとアツアツのトースト、そして気さくに迎えてくれるオーナー。
まだまだ寒くなるこれからの季節、心から温まりたくなったら、ぜひ訪ねてみてくださいね。

■TRICHROMATIC COFFEE
住所:東京都中野区弥生町2-23-7
TEL:080-4413-4416
営業時間:平日 9〜20時LO19時40分)
     土日祝 9〜19時LO18時40分)
     (モーニング 9〜13時)
定休⽇:月曜(祝日の場合は翌火曜)、不定休

Text & Photo:RIN

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。変更される場合がありますので、ご利⽤の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気の&mores

  • 下川友子 下川友子
  • 村上萌 村上萌
  • 山田茜 山田茜
  • もえのあずき もえのあずき
  • kyoko_plus kyoko_plus
すべて見る

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ