大人の修学旅行に行ってみた♪ 広島で話題のリノベホテル「KIRO 広島」

大人の修学旅行に行ってみた♪ 広島で話題のリノベホテル「KIRO 広島」

広島県 ライフスタイル ホテル ドリンク モーニング バー
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

広島・三川町にあるリノベーションホテル「KIRO 広島 –THE SHARE HOTELS-(キロヒロシマ)」。最大6名まで宿泊できる客室が特徴的で、大人の修学旅行ができると話題を呼んでいます。プールを改修したラウンジ&バーやシェアキッチンなど、他の宿泊者とつながるシェアスペースも充実。瀬戸内の雰囲気を感じながら、素敵な旅の時間を過ごしませんか?

Summary

広島・瀬戸内と繋がる“分岐路”を目指して

広島市中区三川町にあるリノベーションホテル「KIRO 広島 –THE SHARE HOTELS-(キロヒロシマ)」は、2019年9月にオープンしました。瀬戸内最大の都市である広島を拠点に、「ディープな広島・瀬戸内エリアを知るための“分岐路”(ぶんきろ)にしていきたい」という想いで、「KIRO(キロ)」という名前になったのだとか。このビジョンを基に、館内のさまざまなエリア、客室のデザインやインテリア、シェアスペースが作られています。


シンプルなくつろぎ空間。瀬戸内をアクセントにした客室

客室は、個室タイプ11種類の全49室。少人数で宿泊できるお部屋のほか、最大6名まで宿泊できる客室があって、気分は大人の修学旅行!どのお部屋もインテリアはシンプルで、あたたかみのある印象です。

取材した際のお部屋は、最大3名まで宿泊できる「BUNK 3」。2段ベッドでプライベート感もありつつ、みんなでわいわいできるお部屋です。床のスペースが広いため、3名のお部屋ながら心も体もゆったりと過ごせますよ。

お部屋に置いてあるカップは、徳島県の大谷焼。お部屋のところどころに瀬戸内を表した素材や色が使われていて、アクセントになっています。


お手洗い・お風呂は最新機能がたくさん!

トイレとお風呂は、それぞれ別になっているセパレートタイプ。トイレは、掃除がしやすくて清潔さを保ちやすい設計になっている「アラウーノ」。また、お風呂は照明の色味を「昼白色」からオレンジ色の「電球色」に切り替えられる機能付き。入浴時は、電球色に切り替えて、ゆったりリラックスするのがおすすめです!

シャンプー・コンディショナー・ボディソープは「ペリカン石鹸」のCⅢ。美容効果が高いという「カテキン」「コラーゲン」「ビタミンC」の3つの“C”が入っているのだそう!グリーンティーがふわっと香り、使い心地もばっちり!翌朝もきちんと髪がまとまります。


人とつながるシェアスペースも充実

“つながる”がコンセプトのひとつになっている「KIRO 広島 –THE SHARE HOTELS-」には、客室以外のシェアスペースも充実しています。3階の「THE POOLSIDE」は、プールだった場所を改装したラウンジ&バー。朝は朝陽が射し込んで気持ちのいい朝食会場に。夜は宿泊客が集まるバーとして利用されています。時にはイベント会場になることもあるオープンスペースで、さまざまな出会いを楽しむのも素敵な旅の過ごし方!

朝食は、選べるクレープがメイン。クレープに加え、お好きなサラダや特製グラノーラを選んでいただきます。この日のメインに選んだのは、魚のコンフィのクレープ。程よい塩気のサワラと、優しいしっとり生地のクレープが、爽やかな朝の目覚めにぴったり。優雅な朝食に、旅がひとつグレードアップしたような気分になりました。

ホテルの1階には、日替わりで広島のバリスタさんやクリエイターさんが出店するドリンクスタンド「cicane」もあります。宿泊する日と次の日の朝で、さまざまなドリンクを楽しめる違った雰囲気の空間になっているなんて、ちょっぴり不思議でわくわくしませんか? 

チェックアウトした後に立ち寄って、旅の余韻を楽しむのもまた贅沢な時間。お客さん同士も距離が縮まりやすい雰囲気もすてき。ここで情報交換をしてから街に繰り出すのもいいかもしれません!


■KIRO 広島 –THE SHARE HOTELS-(キロヒロシマ)
住所:広島市中区三川町3-21
TEL:082-545-9160
営業時間:チェックイン 15時から、チェックアウト 10時まで
定休日:なし(年中無休)
料金:1室 13000円〜(宿泊人数による価格変動なし)

text:田中ちやこ
photo:三國ユリ

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

人気の&mores

すべて見る

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ