シャリシャリの後にぷるんっ!京都のお土産の新定番は“串わらび”

シャリシャリの後にぷるんっ!京都のお土産の新定番は“串わらび”

るるぶ&more.編集部
Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket

京都・西陣にある和菓子店「京西陣 菓匠 宗禅(そうぜん)」に併設する「京町家茶房 宗禅Cafe」には、色あざやかなわらび餅とこだわりの和スイーツがずらり。中でも人気は、キュートなパッケージに入った串わらび。京都土産としてはもちろん、観光のお供にもぴったりの和スイーツです。京町家でほっこりとくつろぎながら、やさしい和の味わいを堪能しましょう。

Summary

パッケージにキュン!串わらびはマストバイ

「宗禅」で人気の「串わらび」とは、ひと口サイズのわらび餅3つを串に刺したもの。ひと串ずつかわいらしいパッケージに入っています。味は、あずき、ベルギーチョコ、きな粉、さくら、和束抹茶、京都水尾柚子、和束ほうじ茶の全7種類。

串わらび 1個250円
串わらび 1個250円

店舗やオンラインでは凍った状態で販売されており、最初はシャリシャリ、時間が経つごとにもっちりとした食感へと変化するのが楽しいです。
また一般的なわらび餅とは異なり、わらび餅そのものにフルーツや抹茶などのフレーバーがついているのも特徴。きな粉や黒蜜をかけて食べるものとはひと味違います!
なお解凍後再度凍らせることはできないので、解凍後は2、3日で食べきりましょう。

フルーツわらび 1箱350円
フルーツわらび 1箱350円
蜜わらび 1箱300円
蜜わらび 1箱300円
手前がフルーツわらび、奥が蜜わらび
手前がフルーツわらび、奥が蜜わらび

串わらびのほかにも果汁がとろりと溶け出す「フルーツわらび」と、黒蜜や黒ごまペーストなど和の蜜が溢れる「蜜わらび」など、変わり種わらび餅がラインナップ。どれもひと口サイズで食べやすいので、ランチ後のおやつタイムなどに◎!

ふわふわで香ばしい「焼きアイス」も忘れずに

店舗「宗禅」と、併設するカフェ「京町家茶房 宗禅Cafe」は、築130年を誇る伝統的な京町家を改装し、落ち着いた空間に仕立てています。のんびりとくつろげば、心もふっと和めそう。

カフェでは、京都をイメージした独創的な和スイーツもいただけます。中でも一風変わっているのが焼きアイス。テーブルの上で最後の仕上げが行われ、ライブ感たっぷり!

京の春まち焼きアイス『五山に降る雪』800円
京の春まち焼きアイス『五山に降る雪』800円

アイスの上には雪をイメージしたメレンゲがのり、バーナーで炙って香ばしさを演出。メレンゲのふわふわ感とアイスのクリーミーさに加え、底に敷かれたクッキーやおせんべいがサクサク感をプラスし、食感のハーモニーが抜群です。

アイスクリームの味は、丹波産黒大豆、宇治抹茶、京きな粉の3種類。京都らしいテイストで、観光気分がぐっと盛り上がります!

町家カフェでのんびりくつろごう

HPや電話で予約をすれば「宗禅」の伝統菓子「紅白亀甲餅」を焼く体験も可能(あられ焼き体験、皇室献上品 紅白亀甲餅焼き体験、ほうじ茶焙じ体験+スイーツ付き 2484円)。このようにお餅をキレイに膨らませられるのは、「宗禅」だけが持つ技術。平べったいお餅から亀のようにぷっくりと膨らんでいく様子はなんとも楽しいものです。体験後にはサクサクのお餅やあられを、お醤油や海苔と一緒においしくいただけます。

伝統的でありながら新しさのある和菓子もそろう「京西陣 菓匠 宗禅」。京都観光の際にはぜひとも訪れたい名店です。

text:木村桂子(ウエストプラン)

●掲載の内容は取材時点の情報に基づきます。内容の変更、消費税率変更に伴う金額の改定などが発生する場合がありますので、ご利用の際は事前にご確認ください。

Twitter Facebook LINE はてなブックマーク Pocket
記事トップに戻る

この記事に関連するタグ

GoTogxoi[
エディターズ紹介バナー
たびのびバナー

人気ランキング

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください