保呂羽山の霜月神楽 ほろわさんのしもつきかぐら イベント

秋田県 伝統芸能・舞踊

7日の夕方から8日の朝まで、夜を徹して三十三番の神事が行われる湯立神楽。巫女が緋色の舞衣に天冠のいでたちで舞う「天道舞」「保呂羽山舞」では、舞の途中で託宣(神の言葉)を告げる場面があり、巫女の原型を今に伝える。夜半には「山之神舞」「神入舞」が舞われ、神前の釜の湯を笹で参詣者に振り掛ける場面で最高潮に達する。近郷の神官が集まって行う寄合神楽の形式を残す、伊勢系の神楽でもある。参観者は初穂料を包むのが一般的。※一般公開の可否は、10月に決定予定。

基本情報(開催期間・アクセス等について)

開催期間 2021年11月7日(日)~11月8日(月)
開催地 波宇志別神社里宮
昨年の来場者数 2020年は中止(2019年は200人)
住所 秋田県横手市大森町八沢木字木ノ根坂200
TEL 0182-32-2403 (横手市教育委員会文化財保護課)
料金 無料
アクセス 公共交通:JR大曲駅→車35分
車:秋田道大曲ICから国道105号経由30分
駐車場 あり/40台/無料
文化財情報(イベント) 国指定重要無形民俗文化財[保呂羽山の霜月神楽]

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

保呂羽山の霜月神楽

横手市のおすすめ周辺スポット・グルメ

周辺のスポット・グルメをもっと見る

編集部のおすすめ

このスポット周辺のホテル・宿泊施設情報

周辺のホテル・宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください