銀鏡神楽 しろみかぐら イベント

宮崎県 伝統芸能・舞踊

狩猟文化を色濃く残す銀鏡神社の大祭。境内には狩られたイノシシの頭が祀られている。祭りの呼び物が、国の重要無形民俗文化財にも指定されている「銀鏡神楽」。さまざまな面をかぶり、夜を徹して舞う33の神楽だ。なかでも「シシトギリ」という舞は、独特の狩り言葉が混じるなど、焼畑と狩猟が生活の柱であった時代の暮らしをよく伝えている。

基本情報(開催期間・アクセス等について)

開催期間 2020年12月14日(月)~12月15日(火)
開催地 銀鏡神社
昨年の来場者数 1500人
住所 宮崎県西都市銀鏡518
TEL 0983-41-1557(一般社団法人 西都市観光協会)
料金 無料
アクセス 公共交通:JR佐土原駅→車1時間20分
車:東九州道西都ICから国道219号経由40km1時間
駐車場 あり/200台/無料
文化財情報(イベント) 国指定重要無形民俗文化財・国選択無形民俗文化財[米良神楽]

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

銀鏡神楽

編集部のおすすめ

ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください