鳳来寺田楽 ほうらいじでんがく イベント

愛知県 伝統芸能・舞踊

名刹鳳来寺山の開祖・利修仙人の命で、山中に棲んでいた鬼の首をはねて守護神としてまつり、寺の僧が供養にと村人とともに踊ったのが田楽の始まりと伝わる。農民生活と修験や、薬師如来の信仰が結びついて室町のころに現在のような形態になったという。年の始めに豊作を願うもので、神楽や田遊びなど豊富な芸能を含む民俗芸能。国の重要無形民俗文化財。

基本情報

開催期間 2019年1月3日(木)
開催地 鳳来寺田楽堂
昨年の来場者数 200人
住所 愛知県新城市門谷字鳳来寺1
TEL 0536-29-0829(新城市観光協会)
料金 無料
アクセス 公共交通:JR本長篠駅→バス8分、バス停:鳳来寺下車、徒歩1時間
車:新東名高速新城ICから国道151号経由13km20分
駐車場 あり/180台/1回510円(普通乗用車170台)、1030円(大型車10台)
文化財情報(イベント) 国指定重要無形民俗文化財[三河の田楽(鳳来寺田楽)]、国選択無形民俗文化財[鳳来寺田楽]

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

鳳来寺田楽

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ