古川祭・起し太鼓 ふるかわまつり おこしだいこ イベント

岐阜県 神輿・山車など

国指定重要無形民俗文化財に指定。2016年には、全国33件の「山・鉾・屋台行事」のひとつとしてユネスコ無形文化遺産に登録。19日深夜の「起し太鼓」、櫓を目掛けて各町内の付け太鼓が押し寄せる。19日と20日の日中は、飛騨の匠の技が施された古川祭屋台9台が登場し、からくり人形、子供歌舞伎が上演される。20日の夜には、提灯を装飾した祭屋台が登場し、日中とは違った魅力をみせる。町内を巡行する華やかな御神輿行列も美しい。

基本情報(開催期間・アクセス等について)

開催期間 2020年4月19日(日)~4月20日(月)
開催地 中心市街地(まつり広場ほか)
昨年の来場者数 6万1000人
住所 岐阜県飛騨市古川町 市街地
TEL 0577-74-1192(飛騨市観光協会)
料金 無料
アクセス 公共交通:JR飛騨古川駅→徒歩5分
車:東海北陸道飛騨清見ICから県道90号経由15km25分
駐車場 あり/1000台/無料
文化財情報(イベント) 国指定重要無形民俗文化財・ユネスコ無形文化遺産[古川祭の起し太鼓・屋台行事]、国選択無形民俗文化財[古川祭]

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

古川祭・起し太鼓

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください