住吉神社奉納能楽会 すみよしじんじゃほうのうのうがくかい イベント

兵庫県 伝統芸能・舞踊

4世紀頃、神功皇后が播磨難で暴風雨に遭った際、この海岸に立ち寄り住吉神社大明神に祈ると、風雨が収まった。皇后が住吉大明神を祀ったのが、この神社の始まりといわれている。江戸時代、明石城主小笠原忠真が能舞台を建立、現在は市有形民俗文化財に指定されている。住吉神社の御神木である藤の木の花が見頃を迎える5月1日に、能舞台で住吉神社能楽会が催される。

基本情報

開催期間 2019年5月1日(水・祝)
開催地 住吉神社
昨年の来場者数 1000人
住所 兵庫県明石市魚住町中尾1031
TEL 078-946-0417(住吉神社)
料金 無料
アクセス 公共交通:山陽電鉄山陽魚住駅→徒歩5分
駐車場 なし

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

住吉神社奉納能楽会

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ