相模の大凧まつり さがみのおおだこまつり イベント

神奈川県 節句・年中行事/スポーツ

子どもの誕生を祝い、また豊作を祈願し、江戸時代から伝わる伝統行事。「相模の大凧」の魅力は、大きさと題字。一番大きな凧は8間(約14.5m)四方、重さ約950kg、引き綱の直径は約4cm、長さは200mもあり、凧揚げには80~100人の人手が必要になる。100人による壮大な凧揚げには自然と観客から大きな声援があがる。大凧に書かれている2文字の題字は、その年の世相を反映したものとなっており、現在は相模原市民から募集するようになった。2020年の題字は、輪風[りんぷう]を予定。 画像提供:有本 雅之

基本情報(開催期間・アクセス等について)

開催期間 2020年5月4日(月・祝)~5月5日(火・祝)
開催地 新戸スポーツ広場ほか3会場
昨年の来場者数 16万人
住所 神奈川県相模原市南区新戸
TEL 042-769-8236(相模原市商業観光課)
料金 無料
アクセス 公共交通:JR相武台下駅→徒歩15分。または新戸・勝坂及び下磯部会場付近まで15~20分間隔で臨時無料巡回バスの運行あり
駐車場 あり/無料。河川敷臨時駐車場利用
文化財情報(イベント) 相模原市指定無形民俗文化財[相模の大凧揚げ]

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

相模の大凧まつり

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください