いかざき大凧合戦 いかざきおおだこがっせん イベント

愛媛県 節句・年中行事/スポーツ

町の中央を流れる小田川をはさんで二手に分かれ、数百もの凧を大空に舞い上げる。糸に付けた「ガガり」という刃物で相手の糸を切り合う伝承行事。また、1年間に誕生した子どもの名前を出世凧という大凧に書き入れ、健やかな成長を願って大空高く上げる初節句行事のほか、凧おどりや大凧出世太鼓の披露もあり、多くの人で賑わう。JR内子駅から無料バスが運行される。

基本情報

開催期間 2019年5月5日(日・祝)
開催地 豊秋河原
昨年の来場者数 4万人
住所 愛媛県喜多郡内子町
TEL 0893-44-2118(いかざき大凧合戦実行委員会)
料金 見学無料(凧合戦参加、凧あげ体験は1000円)
アクセス 公共交通:JR内子駅→車5分
車:松山道内子五十崎ICから国道56号経由3km5分
駐車場 あり/1500台/無料
文化財情報(イベント) 愛媛県指定無形民俗文化財[いかざき大凧合戦]

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

いかざき大凧合戦

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ