間々田のじゃがまいた ままだのじゃがまいた イベント

栃木県 農耕儀礼

間々田八幡宮に若葉が繁る頃、江戸時代から続く奇祭「じゃがまいた」が行われる。田植えを前にして五穀豊穣と疫病退散を祈願するお祭りで、全長15mを超える7体の蛇(じゃ)が境内を練り歩く姿は圧巻。祭りのみどころは神池の水を蛇に飲ませる「水呑の儀」で、なかには勢い余って担ぎ手もろとも池に飛び込む蛇もあり、激しい水しぶきが上がるたびに観客から大きな拍手と歓声が沸く。夕刻近くに行われる勇壮な「蛇もみ」も必見。 画像提供:間々田八幡宮

基本情報(開催期間・アクセス等について)

開催期間 2020年5月5日(火・祝)
開催地 間々田八幡宮
昨年の来場者数 1万人
住所 栃木県小山市間々田2330
TEL 0285-45-1280(間々田八幡宮)
料金 無料
アクセス 公共交通:JR間々田駅→徒歩25分
車:圏央道境古河ICから国道4号経由23km38分
駐車場 あり/100台/無料。間々田中学校に臨時駐車場あり
文化財情報(イベント) 重要無形民俗文化財[間々田のじゃがまいた(蛇まつり)]

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

間々田のじゃがまいた

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください