京都薪能 きょうとたきぎのう イベント

京都府 伝統芸能・舞踊

昭和25年(1950)に京都市と京都能楽会の共催で始まり、今や初夏の風物詩となった京都薪能。夕闇の中で篝火が焚かれ、平安神宮の朱塗りの社殿が映し出されるなか、特設の能舞台が闇夜に浮かび上がる。観世・金剛・大蔵の各流派による能や狂言が楽しめるという豪華なもので、例年2000人近い観客が来場し、幽玄な能楽の世界に酔いしれる。 画像提供:(C)一般社団法人京都能楽会

基本情報(開催期間・アクセス等について)

開催期間 2020年6月1日(月)~6月2日(火)
開催地 平安神宮(雨天時はロームシアター京都メインホールにて開催)
昨年の来場者数 3700人
住所 京都府京都市左京区岡崎西天王町97
TEL 075-754-0331(京都薪能事務局/※受付10~17時)
料金 当日5000円、前売4000円
アクセス 公共交通:京都市営地下鉄東山駅→徒歩10分
駐車場 あり/560台/岡崎公園市営地下駐車場を利用
文化財情報(イベント) 国指定重要無形文化財[能楽]

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

京都薪能

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください