江差・姥神大神宮渡御祭 えさし うばがみだいじんぐうとぎょさい イベント

北海道 神輿・山車など

370有余年、江差の人々がニシンの豊漁を神に報告し、感謝したのが始まりで北海道最古の祭りとされる。3基の神輿に豪華で頑強な13台の山車(1台は船の形をした「松寶丸」)が供奉[くぶ]する形で町中を練り歩く。巡行を終えた神輿を1基ずつ拝殿に納める「宿入れ」も圧巻。9日は宵宮祭、10~11日が本祭。北海道無形民俗文化財及び北海道遺産に指定されている。

基本情報(開催期間・アクセス等について)

開催期間 2019年8月9日(金)~8月11日(日・祝)【2020年は開催中止】
開催地 姥神大神宮前・江差町内一円
昨年の来場者数 5万5000人
住所 北海道檜山郡江差町
TEL 0139-52-4815(姥神大神宮祭典協賛実行委員会(江差観光コンベンション協会))
料金 無料
アクセス 公共交通:JR函館駅→バス1時間50分、バス停:フェリー乗場前下車、徒歩1分
車:函館新道函館ICから国道227号経由1時間30分
駐車場 あり/200台/無料
文化財情報(イベント) 北海道無形民俗文化財・江差町指定無形民俗文化財[姥神大神宮渡御祭]

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

江差・姥神大神宮渡御祭

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください