佐伯燈籠祭 さえきとうろうさい イベント

京都府 火と灯の祭り/神輿・山車など

平安時代、5月に大雪が降る全国的に冷害の年があった。時の朝廷より五基の神燈籠と一基の台燈籠が奉納されて始まった「五穀豊穣祈願」の祭り。今日では、四社の宮司を先頭に五基の神燈籠・大太鼓・神輿など行列を組み、ひえ田野神社から御霊神社の森に向かい大松明を焚き、神に合図、三社の神を神輿に迎え氏子区内を巡幸、ひえ田野神社に帰着。四神社合同の五穀豊穣祈願祭を行う。日本一小さい串人形で人形浄瑠璃が奉納される。また、五基の神燈籠と神輿・大太鼓で燈籠追い・太鼓掛けなど勇壮な神事が繰り広げられる。

基本情報(開催期間・アクセス等について)

開催期間 2019年8月14日(水)【2020年は開催中止】
開催地 ひえ田野神社
昨年の来場者数 8000人
住所 京都府亀岡市ひえ田野町佐伯
TEL 0771-22-4549(ひえ田野神社)
料金 無料
アクセス 公共交通:JR亀岡駅→バス10分、バス停:佐伯下車、徒歩1分
車:京都縦貫道亀岡ICから国道372号経由2km5分
駐車場 あり/100台/無料
文化財情報(イベント) 国指定重要無形民俗文化財[佐伯灯籠]

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

佐伯燈籠祭

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください