亀崎潮干祭 かめざきしおひまつり イベント

愛知県 神輿・山車など

300年以上も続くといわれる神前神社の祭礼で、祭神である神武天皇が海よりこの地に上陸したという伝説にちなみ、5輌の山車を潮干の浜へ曳き下ろしたことからこの名がついた。みどころは、勇壮かつ華麗な山車5輌の海浜曳き下ろしや、からくり人形技芸の奉納など。昭和41年(1966)に5輌の山車が愛知県有形民俗文化財に指定され、平成18年(2006)には「亀崎潮干祭の山車行事」が国の重要無形民俗文化財に指定され、平成28年(2016)にはユネスコ無形文化遺産に登録された。2020年は浜への曳き下ろしは5月3日のみ。

基本情報(開催期間・アクセス等について)

開催期間 2020年5月3日(日・祝)~5月4日(月・祝)※雨天順延
開催地 半田市亀崎地区一帯(神前神社、尾張三社、海浜緑地一帯)
昨年の来場者数 10万人
住所 愛知県半田市亀崎町
TEL 0569-32-3264(半田市観光協会)
料金 見学無料(祭りへの参加は地域の方のみ)
アクセス 公共交通:JR亀崎駅→徒歩15分
車:知多半島道路阿久比ICから県道46号経由7km15分
駐車場 あり/500台/無料
文化財情報(イベント) 国重要無形民俗文化財・ユネスコ無形文化遺産[亀崎潮干祭の山車行事]

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

亀崎潮干祭

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください