正覚庵 筆供養 しょうがくあん ふでくよう イベント

京都府 節句・年中行事

東福寺塔頭の「筆の寺」とも呼ばれる正覚庵で、毎年11月23日に行われる使い終えた筆を供養する行事。昭和22年(1947)から行われている供養で、通常非公開の本堂での法要の後、奉納された古い筆を飾った筆神輿が東福寺の境内はじめ周辺の町内を練り歩く。その後、筆塚前に作られた護摩壇で、護摩木や筆、筆記用具などが焚き上げられる。煙を浴びると筆が上達するといわれ、大勢の参拝者が煙を浴びる様子が見られる。※2020年は神輿の練り歩きは中止となる。 画像撮影:中村 優

基本情報(開催期間・アクセス等について)

開催期間 2020年11月23日(月・祝)
開催地 正覚庵境内
昨年の来場者数 約4000人
住所 京都府京都市東山区本町15-808
TEL 075-561-8095(正覚庵)
料金 無料
アクセス 公共交通:JR京都駅→バス11分、バス停:東福寺下車、徒歩15分
駐車場 なし

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

正覚庵 筆供養

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください