海南神社 面神楽 かいなんじんじゃ めんかぐら イベント

神奈川県 伝統芸能・舞踊

翁や般若などの面を被って演じる神楽を奉納する神事で、三浦市指定重要無形民俗文化財。海南神社面神楽神楽師会により、最初の「国固め」から最後の「岩戸開き」まで、25演目が伝承されており、2晩に分けて10演目ほどが奉納される。演目の中には、漁業の町ならではの、海神に漁の安全や大漁祈願を願う「恵比寿の舞」や「浦島太郎」があり、笛、太鼓の中で無言で演じられる神楽はどれもユーモラスで見ごたえがある。 画像提供:三浦市教育委員会

基本情報(開催期間・アクセス等について)

開催期間 2019年11月7日(木)~11月8日(金)【2020年は開催中止】
開催地 海南神社神楽殿
昨年の来場者数 約150人
住所 神奈川県三浦市三崎4-12-11
TEL 046-882-1111(三浦市教育委員会 教育部文化スポーツ課)
料金 無料
アクセス 公共交通:京急三崎口駅→バス20分、バス停:三崎港下車、徒歩3分
車:横浜横須賀道路衣笠ICから県道26号経由15km30分
駐車場 あり/3台/無料
文化財情報(イベント) 三浦市指定重要無形民俗文化財[海南神社面神楽]

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

海南神社 面神楽

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください