一関市・大東大原 水かけ祭り いちのせきし だいとうおおはら みずかけまつり イベント

岩手県 節句・年中行事/伝統芸能・舞踊

明暦3年(1657)の江戸の「明暦の大火(振袖火事)」をきっかけに始まったと伝わる一関市の奇祭。防火、無病息災、家内安全を祈願する祭りで、岩手県指定無形民俗文化財だ。極寒の2月に、大原商店街付近の「大原水かけ祭り線」と呼ばれる市道約500mで開催される。メイン行事は、通りを走り抜ける白木綿の腹巻とわらじ姿の厄年の男子に、手桶を持って待ち構えた人々が冷水を浴びせかける「水かけ」。大しめ縄奉納行進や郷土芸能の上演などの催しもある。裸男は予約制で支度料を納めれば誰でも参加できる。

基本情報

開催期間 2020年2月11日(火・祝)
開催地 大原八幡神社、大原商店街
昨年の来場者数 約2万9000人
住所 岩手県一関市大東町大原
TEL 0191-72-2282(一関市・大東大原水かけ祭り保存会)
料金 裸男支度料6600円(変動あり)
アクセス 公共交通:JR摺沢駅→バス16分、バス停:大東バスセンター下車、徒歩3分
車:東北道一関ICから県道19号経由33km50分
駐車場 あり/350台/駐車協力金500円
文化財情報(イベント) 岩手県指定無形民俗文化財[大原水かけ祭り]

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

一関市・大東大原 水かけ祭り

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ