阿月神明祭 あつきしんめいまつり イベント

山口県 節句・年中行事/火と灯の祭り

正保元年(1644)から続く厄除け・豊作を祈願する旧正月行事で、国指定重要無形民俗文化財。現在は2月11日に、阿月の浜に鎮座する東神明宮と西神明宮の社前の浜で行われる。「神明踊り」や「長持ちじょうげ」など奉納される神事は多い。なかでも「裸ん坊」と呼ばれる若者たちが、早朝に長さ約20mのご神体「神明」を立て起こす「起こし立て」や、神明に火を放って赤々と燃し上げる夜の「はやし方」は迫力満点。最後に燃え盛る神明が引き倒され、ご利益があるという先端部分の飾りや御幣などが持ち去られる。 画像:(C)阿月公民館

基本情報(開催期間・アクセス等について)

開催期間 2020年2月11日(火・祝)
開催地 東神明宮前砂浜、西神明宮前砂浜
昨年の来場者数 約2000人
住所 山口県柳井市阿月
TEL 0820-27-0001(阿月神明祭顕彰会(阿月公民館))
料金 無料
アクセス 公共交通:JR柳井駅→バス20分、バス停:青木下車、徒歩5分
車:山陽道熊毛ICから県道63・22・72号経由28km40分
駐車場 あり/40台/無料。臨時駐車場あり
文化財情報(イベント) 国指定重要無形民俗文化財[阿月の神明祭]

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

阿月神明祭

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください