羽根沢温泉 はねさわおんせん 温泉地

山形県

最上川の名勝・最上峡北側の山間にある別天地のような保養温泉。大正8年(1919)に石油会社が行った、石油発掘のためのボーリングによって湧出したという。天然ガスとともに間欠泉状態で自噴する湯を、「ホテル紅葉館」「加登屋旅館」「松葉荘」の3軒の宿と、共同湯で仲良く分け合っている。美肌の湯ともうたわれる。

基本情報

住所 山形県最上郡鮭川村中渡
TEL 0233-55-2111(鮭川村むらづくり推進課)
アクセス 公共交通:JR新庄駅から車で30分
車:東北中央道東根ICから国道13号・47号・458号、県道315号経由64km
温泉固有情報 泉温:45.2℃
源泉:1
泉質:ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、打ち身、胃腸病、切り傷、やけど、慢性皮ふ病、糖尿病、痔疾、慢性婦人病、美肌、運動麻痺、虚弱児童など
宿泊施設数:3
日帰り温泉施設数:1
湯量:178リットル/分
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

羽根沢温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください