湯岐温泉 ゆじまたおんせん 温泉地

福島県

阿武隈山中の久慈川支流に湧く湯岐温泉は、歴史の古い湯治場として知られたところ。幕末の儒学者・藤田東湖が中風の療養に訪れ、病を治したと伝わり、毎年湯治に訪れる利用者も多い。「和泉屋」「山形屋」の2軒の湯治宿と、共同浴場が一つある。近くにはホテルタイプの温泉施設「湯遊ランドはなわ」もある。

基本情報

住所 福島県東白川郡塙町湯岐
TEL 0247-43-3400(塙町観光協会)
アクセス 公共交通:JR磐城塙駅から福島交通バス片貝行きで30分、バス停:湯岐温泉下車
車:常磐道那珂ICから国道349号・118号経由60km
温泉固有情報 泉温:37~40℃
源泉:2
泉質:アルカリ性単純温泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、五十肩、打ち身、慢性消化器病、痔疾、婦人病など
宿泊施設数:2
日帰り温泉施設数:1
湯量:175リットル/分
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

湯岐温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

  • 八幡屋

    福島県石川郡石川町大字母畑字樋田75-1

  • ルネサンス棚倉

    福島県東白川郡棚倉町大字関口字一本松43-1

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください