湯の網鉱泉 ゆのあみこうせん 温泉地

茨城県

JR常磐線大津港駅の西方にあり、丘陵地帯に湧く閑静な温泉。湯治や療養に向き、一軒宿の「鹿の湯松屋」の浴槽には、効能豊かな赤褐色の含鉄泉がたたえられる。事前連絡で、日帰り入浴も可能だ(要確認)。キンキの塩焼きなど、北茨城の海の幸が食膳にのぼるのも楽しみ。

基本情報

住所 茨城県北茨城市関南町神岡下
TEL 0293-46-1086(鹿の湯松屋)
アクセス 公共交通:JR大津港駅から車7分
車:常磐道北茨城ICから国道6号、県道155号・154号経由12km
温泉固有情報 泉温:13.6℃
源泉:1
泉質:含鉄(Ⅱ)‐ナトリウム・カルシウム‐塩化物・炭酸水素塩泉
効能:神経痛、筋肉痛、疲労回復、冷え性、胃腸病、高血圧、切り傷、やけど、婦人病など
宿泊施設数:1
日帰り温泉施設数:なし
湯量:不明
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

湯の網鉱泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください