霧積温泉 きりづみおんせん 温泉地

群馬県

上信越高原国立公園内、群馬県と長野県の県境にある鼻曲山の東麓ある温泉地。森村誠一の推理小説「人間の証明」の舞台となった湯元の一軒宿「金湯館」は、創業明治17年(1884)の老舗。明治期には、伊藤博文や勝海舟などの政財界の要人や文人墨客で賑わった。タイル貼りの湯船には、無色透明なカルシウム-硫酸塩泉が、源泉かけ流しでたたえられている。標高1180mの高所にあるので夏の避暑にも好適だ。

基本情報

住所 群馬県安中市松井田町坂本
TEL 027-395-3851(金湯館)
アクセス 公共交通:JR横川駅から車で40分(送迎可・要予約)
車:上信越道松井田妙義ICから国道18号、県道56号経由24km
温泉固有情報 泉温:39℃
源泉:1
泉質:カルシウム-硫酸塩泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、五十肩、動脈硬化症、打ち身、慢性消化器病、皮ふ病、切り傷、やけど、糖尿病、高血圧、肝臓病、呼吸器疾患、眼病、痔疾、婦人病、美肌など
宿泊施設数:1
日帰り温泉施設数:なし
湯量:300リットル/分
飲用:可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

霧積温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください