関温泉 せきおんせん 温泉地

新潟県

妙高山の中腹、標高900mの高地にあり、弘法大師が発見したと伝わる歴史ある温泉地だ。「関山の湯」として上杉謙信の時代から知られ、赤い色が特徴。環境省より国民保養温泉地にも指定されている。温泉街には11軒の宿が並び、木造の外観のところも多いので、昔ながらの温泉情緒が漂う。各宿の大浴場にたたえられている温泉が、「源泉100%かけ流し」宣言を、温泉地全体として発している。冬はスキーヤーで賑わう。

基本情報

住所 新潟県妙高市関山
TEL 0255-86-3911(妙高市観光協会)
アクセス 公共交通:えちごトキめき鉄道関山駅から市営バス燕温泉行きで25分、バス停:関温泉下車
車:上信越道妙高高原ICから国道18号、県道39号経由11km
温泉固有情報 泉温:48.4℃
源泉:不明
泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
効能:神経痛、筋肉痛、疲労回復、血行障害、冷え性、打ち身、ねんざ、切り傷、慢性皮ふ病、慢性婦人病、痔疾、美肌など
宿泊施設数:11
日帰り温泉施設数:なし
湯量:570リットル/分
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

関温泉

関温泉のおすすめ周辺スポット・グルメ

周辺のスポット・グルメをもっと見る

編集部のおすすめ

このスポット周辺のホテル・宿泊施設情報

周辺のホテル・宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください