角間温泉 かくまおんせん 温泉地

長野県

志賀高原の麓・湯田中渋温泉郷に含まれ、室町時代の高僧・蓮如上人の発見と伝わる。林芙美子、吉川英治、横山大観など、多くの文人墨客に愛された地で、横山大観の別荘なども残る。4軒の小ぢんまりとした温泉宿と、宿泊者は入浴可能になる3つの共同浴場が民家の間に点在する、のどかな湯治向きの温泉地だ。その他にも日帰り入浴が可能な「傅習館とらやの湯」がある。皮ふ病などに効能がある温泉は、ぜひ入浴して効果を実感したい。

基本情報

住所 長野県下高井郡山ノ内町角間
TEL 0269-33-2138(山ノ内町観光連盟)
アクセス 公共交通:長野電鉄湯田中駅から車で5分
車:上信越道信州中野ICから国道292号経由13km
温泉固有情報 泉温:66.4~87.8℃
源泉:3
泉質:ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉、ナトリウム-塩化物泉など
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、動脈硬化症、打ち身、慢性消化器病、皮ふ病、切り傷、やけど、婦人病など
宿泊施設数:4
日帰り温泉施設数:4
湯量:不明
飲用:可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

角間温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください