カルルス温泉 かるるすおんせん 温泉地

北海道

北海道で最初の国民保養温泉地に認定され、開湯は明治19年(1886)と歴史がある。「カルルス」の名称は、チェコ西部の都市カルルスバード(カルロヴィ・ヴァリー)温泉に似た泉質であったことによる。泉質は肌にやさしい単純温泉で、4軒の温泉宿がある。エコノミーな宿泊料金で湯治滞在でき、各宿とも日帰り入浴も受け付けている。

基本情報

住所 北海道登別市カルルス町
TEL 0143-84-3311(登別観光協会)
アクセス 公共交通:JR登別駅から車で20分
車:道央道登別東ICから道道2号経由15km
温泉固有情報 泉温:54℃など
源泉:4
泉質:単純温泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、胃腸病、打ち身、皮ふ病、痔疾、婦人病など
宿泊施設数:4
日帰り温泉施設数:なし
湯量:800リットル/分
飲用:可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

カルルス温泉

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ