盃温泉郷 さかずきおんせんきょう 温泉地

北海道

日本海に突き出した積丹半島の南側に位置する温泉郷。弁天島そばの温泉と、茂岩川に沿って並ぶ、計3軒の温泉施設を合わせて盃温泉郷と呼ぶ。宿泊施設は、「盃温泉潮香荘」「温泉民宿レストハウスいわた」の2軒がある。「茂岩温泉ホテル」は、日帰り入浴のみの営業となっている。積丹半島を一周する国道229号沿いには風光明媚なビューポイントやマリンレジャーが楽しめるスポットが豊富。効能豊かな温泉とともに、海水浴やキャンプ、海釣りや川釣りなどのアウトドアライフを思う存分エンジョイできる。盃温泉に隣接する盃漁港に水揚げされる日本海の海の幸自慢の宿も多く、味覚の楽しみも満喫できる温泉地だ。

基本情報

住所 北海道古宇郡泊村興志内村
TEL 0135-75-2021(泊村役場産業課)
アクセス 公共交通:JR小樽駅から北海道中央バス岩内行きで1時間30分、バス停:岩内バスターミナル下車、盃温泉行きに乗り換え40分、バス停:盃温泉湯元などで下車
車:札樽道小樽ICから国道5号・229号経由70km
温泉固有情報 泉温:46.7℃など
源泉:4
泉質:カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉など
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、打ち身、ねんざ、皮ふ病、切り傷、痔疾など
宿泊施設数:2
日帰り温泉施設数:1
湯量:360リットル/分
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

盃温泉郷

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください