新見温泉 にいみおんせん 温泉地

北海道

開祖・新見直太郎が夢で見た神の御告げに基づき、温泉を発見したと伝わるニセコ温泉郷に属する湯。現在は「奥ニセコの秘湯新見温泉」として、平成29年(2017)1月7日にリニューアルオープンした。日帰り入浴が可能なほか、地場食材を使ったレストランを完備している。目国内岳の麓にある眺めのよい温泉地だ。

基本情報

住所 北海道磯谷郡蘭越町新見
TEL 0136-55-6173(奥ニセコの秘湯新見温泉)
0136-57-5111(蘭越町役場 商工労働観光課 観光係)
アクセス 公共交通:JR蘭越駅から車で15分
車:道央道長万部ICから国道5号、道道268号経由10km
温泉固有情報 泉温:65℃など
源泉:2
泉質:カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、胃腸疾患、ぜんそく、便秘、打ち身、慢性皮ふ病、切り傷、高血圧症、痔疾、婦人病など
宿泊施設数:なし
日帰り温泉施設数:1
湯量:300リットル/分
飲用:可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

新見温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください