鹿部温泉 しかべおんせん 温泉地

北海道

内浦湾に面する鹿部町に湧出する温泉の総称。約103度の熱湯が地熱パワーで、約15mの高さまで噴き上がるしかべ間歇泉公園の間歇泉が、湯の町のシンボルとなっている。足湯につかりながら、間歇泉の噴出が見られるのがおもしろい。また、しかべ間歇泉公園は、平成28年(2016)3月に「道の駅しかべ間歇泉公園」としてリニューアルオープンした。道の駅内の物産館「鹿部・食とうまいもの館」では、鹿部町の特産品であるタラコなどの加工品が販売されている。温泉の蒸気を利用した蒸し釜で食材を蒸して食べる「温泉蒸し処」が新設されており、物産館で購入した食材を10分程度蒸して食べることもできる。

基本情報

住所 北海道茅部郡鹿部町鹿部
TEL 01372-7-3500(鹿部温泉観光協会)
アクセス 公共交通:JR鹿部駅から函館バス鹿部出張所行きで20分、バス停:終点などで下車
車:北海道函館空港から道道83号、国道278号経由45km
温泉固有情報 泉温:40~100℃
源泉:30以上
泉質:ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉、塩化物泉など
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、五十肩、冷え性、打ち身、慢性消化器病、切り傷、やけど、慢性皮ふ病、痔疾、慢性婦人病など
宿泊施設数:4
日帰り温泉施設数:1
湯量:不明
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

鹿部温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください