乙部温泉郷 おとべおんせんきょう 温泉地

北海道

ニシン漁で栄えた港町・江差から国道を15kmほど日本海に沿って北上すると乙部町に入る。貴重な「源泉かけ流しの湯」を存分に体感できる乙部温泉郷がある。平成27年(2015)3月に新築リニューアルオープンした、美肌の湯が湧く「宿泊体験施設 光林荘」や、隣接した日帰り温泉施設の「いこいの湯」で名湯を楽しみたい。ヤチダモ林の中、情緒たっぷりの湯治とこだわりの料理を満喫できる。館浦温泉公園には、「素足のこみち」という遊歩道があり、裸足で歩くと足の裏のツボが刺激され、血行促進を促す(冬期閉鎖)。

基本情報

住所 北海道爾志郡乙部町館浦
TEL 0139-62-2311(乙部町産業課)
0139-62-3347(宿泊体験施設 光林荘)
アクセス 公共交通:JR新函館北斗駅から函館バス江差ターミナル行きで1時間15分、バス停:道立江差病院前下車、八雲駅行きに乗り換え15分、バス停:乙部町民会館前下車、徒歩5分
車:道央道国縫ICから国道277号・229号経由53km
温泉固有情報 泉温:74.5℃など
源泉:3
泉質:ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉
効能:神経痛、筋肉痛、疲労回復、冷え性、動脈硬化、慢性消化器病、打ち身、ねんざ、皮ふ病、切り傷、痔疾、婦人病など
宿泊施設数:1
日帰り温泉施設数:1
湯量:320リットル/分
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

乙部温泉郷

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください