毎日をもっとステキに。
おでかけをもっと私らしく。

上の湯温泉 かみのゆおんせん 温泉地

北海道

噴火湾沿いの国道5号線から道道八雲厚沢部線を厚沢部方面へ進んだ、落部川沿いに湧き出る温泉。大正14年(1925)に掘り当てられ、その後今日まで北海道を代表する秘湯として全国の湯治客、温泉ファンから親しまれてきた。湯はまろやかな肌ざわりと、全国的に見てもかなりの高温が特徴で、美人の湯との評判も高い。慢性皮ふ病ややけどに効くほか、ウルシにかぶれた時などにも効果的。開湯以来続く由緒正しき「温泉旅館銀婚湯」のほか、近代的な「パシフィック温泉ホテル清龍園」もある。ともに日帰り入浴(営業時間等要問合せ)も可能だ。

基本情報

住所 北海道二海郡八雲町上の湯
TEL 0137-62-2116(八雲町商工観光労政課)
アクセス 公共交通:JR落部駅から車で15分
車:道央道落部ICから国道5号、道道67号経由12km
温泉固有情報 泉温:65~98℃
源泉:7
泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉(銀婚湯)、ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉(清龍園)
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、血行障害、冷え性、慢性消化器病、打ち身、ねんざ、慢性皮ふ病、切り傷、婦人病、美肌など
宿泊施設数:2
日帰り温泉施設数:なし
湯量:170リットル/分(銀婚湯)、120リットル/分(清龍園)
飲用:一部可

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

上の湯温泉

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

人気のおすすめタグ