濁川温泉 にごりかわおんせん 温泉地

北海道

渡島半島中央、濁川盆地にある温泉は、1807年には既に湯治場として開かれていた。道内初の地熱発電所があり、温泉熱はビニールハウスに利用され、野菜栽培などに役立っている。歴史ある湯治宿や小ぢんまりとした家族向きの宿が4軒と、日帰り温泉施設が2軒あり、それぞれの源泉・泉質が異なっている。すべて日帰り入浴も受け付けているので、温泉を気軽に楽しめるのがうれしい。露天風呂や浴室が充実しており、日帰り入浴施設としても賑わいを見せる「カルデラ濁川温泉保養センター ふれあいの里」は町民の憩いの場になっている。

基本情報

住所 北海道茅部郡森町濁川
TEL 01374-7-1286(森観光協会)
アクセス 公共交通:JR森駅から函館バス濁川温泉行きで25分、バス停:中央濁川などで下車
車:道央道落部ICから国道5号、道道778号経由15km
温泉固有情報 泉温:47~69℃
源泉:7
泉質:炭酸水素塩泉、単純温泉、硫黄泉、塩化物泉など
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、打ち身、慢性消化器病、皮ふ病、切り傷、やけど、婦人病など
宿泊施設数:4
日帰り温泉施設数:2
湯量:不明
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

濁川温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください