見市温泉 けんいちおんせん 温泉地

北海道

鬱蒼とした原生林に包まれた雲石峡。その見市川沿いに立つ山間の一軒宿が、明治初年(1868)創業の「見市温泉旅館」。万延元年(1860)に発見された温泉は、鉄分を含んだ赤茶色をしており、ミネラル分も豊富。大浴場や見市川を望む露天風呂に源泉かけ流しで使用されている。日帰り入浴も可能だ(営業時間等要確認)。2泊より利用できる湯治プランもある。アワビやウニを使った料理も注文したい。

基本情報

住所 北海道二海郡八雲町熊石大谷町
TEL 01398-2-2002(見市温泉旅館)
アクセス 公共交通:JR八雲駅から函館バス江差行きで40分、バス停:見市温泉下車
車:道央道国縫ICから国道277号経由26km
温泉固有情報 泉温:60~70℃
源泉:1
泉質:ナトリウム-塩化物泉
効能:神経痛、筋肉痛、疲労回復、冷え性、打ち身、切り傷など
宿泊施設数:1
日帰り温泉施設数:なし
湯量:110リットル/分
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

見市温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください