然別峡かんの温泉 しかりべつきょうかんのおんせん 温泉地

北海道

大雪山国立公園の東に位置する然別峡かんの温泉。明治44年(1911)開湯、平成20年(2008)から休館していたが、平成26年(2014)8月から全面的な改築を行い再開した。自然湧出13カ所の源泉から引く、11の湯船が楽しめる。複数の浴室は、「ウヌカル」「イナンクル」の2つに分かれ、男女日替わりで入浴できるほか、滝と木々に囲まれた貸切露天風呂「幾稲鳴滝の湯」と不思議な足下湧出の「イコロボッカの湯」も利用できる。もちろんすべてそのままの源泉かけ流し。「湯宿こもれび荘」は16室、レストラン「夕来」も併設され日帰りでの利用も可能。冬でも道路は除雪がされており、通年営業している。

基本情報

住所 北海道河東郡鹿追町然別峡
TEL 050-3136-8039(然別峡かんの温泉)
アクセス 公共交通:JR帯広駅から車で1時間20分
車:道東道十勝清水ICから国道274号、道道85号・1088号経由50km
温泉固有情報 泉温:37~78℃
源泉:13
泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、打ち身、胃腸病、高血圧、皮ふ病、湿疹など
宿泊施設数:1
日帰り温泉施設数:1
湯量:不明
飲用:不可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

然別峡かんの温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください