芽登温泉 めとうおんせん 温泉地

北海道

大雪山系から流れ出るヌカナン川のほとりに湧き出る秘湯「芽登温泉」が一軒宿。明治34年(1901)に温泉が発見され、大正時代初期に開湯した。肌がつるつるするアルカリ性の温泉が、4つある内湯や野趣あふれる混浴大露天風呂にたたえられている。宿は通年営業で、日帰り入浴も可能(営業時間等要確認)。周辺の原生林には、キタキツネ、エゾシカ、シマフクロウなどが生息し、大自然を満喫できる。平成27年(2015)に新しい露天風呂・巨岩の湯も新設された。

基本情報

住所 北海道足寄郡足寄町芽登
TEL 0156-26-2119(芽登温泉)
アクセス 公共交通:JR帯広駅から北海道拓殖バス・十勝バス上士幌行きで1時間、バス停:終点下車、タクシーで40分
車:道東道足寄ICから国道241号・274号、道道88号経由37km
温泉固有情報 泉温:60℃
源泉:1
泉質:単純硫黄泉
効能:神経痛、筋肉痛、疲労回復、冷え性、打ち身、胃腸病、皮ふ病、切り傷、糖尿病など
宿泊施設数:1
日帰り温泉施設数:なし
湯量:220リットル/分
飲用:可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

芽登温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください