知内温泉 しりうちおんせん 温泉地

北海道

宝治元年(1247)に砂金堀の折に発見されたと伝わる古くからの温泉。一軒宿の「知内温泉旅館」は矢越海岸近くに立ち、多彩な泉質と重厚な造りの岩風呂が自慢。炭酸水素塩泉、鉄泉など複数の効能豊かな泉質が湧出し、広々とした露天風呂にもにごり湯の温泉がたたえられる。日帰り入浴も受け付けている(営業時間等要確認)。近年、バリアフリーの客室を3部屋増設した。宿の裏手に野湯もある。

基本情報

住所 北海道上磯郡知内町字湯の里
TEL 01392-6-2341(知内温泉旅館)
アクセス 公共交通:JR木古内駅から函館バス松前行きで30分、バス停:湯の里温泉入口下車、送迎車で2分(宿泊者のみ・要予約)
車:北海道函館空港から国道228号経由60km
温泉固有情報 泉温:65~75.5℃など
源泉:5
泉質:ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉、鉄泉など
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、冷え性、胃腸病、打ち身、切り傷、やけど、皮ふ病、呼吸器疾患、痔疾、婦人病など
宿泊施設数:1
日帰り温泉施設数:なし
湯量:300リットル/分
飲用:可

※情報は変更になる場合があります。おでかけ前に必ず現地・施設へご確認ください。

素敵なスポットを見つけ、自分だけのおでかけプランを作っちゃおう

知内温泉

編集部のおすすめ

このスポット周辺の宿泊施設

周辺の宿泊施設をもっと見る

このスポット周辺のレストラン

周辺のレストランをもっと見る
ページトップへ戻る

検索したいキーワードを入力してください

検索したいキーワードを入力してください